民泊ナビの

民泊blog

Airbnbを中心とした民泊のすべて教えます。

「ABCチェックイン」ページより   「リモート民泊」のサービス開発・運営を手掛ける株式会社チャプターエイトは、 チェックイン手続きをクラウドで行う新サービス「ABCチェックイン」の導入予約受付の開始をしました。   協議中の民泊新法では本人確認や宿泊名簿、外国語での説明などしなくてはなりませんが、これらを無人で行おうというものです。     民泊新法のチェックイン対応 民泊新法にてチェックイン関連で行わなくてはいけないものは以下となります。   本人確認 宿泊者名簿を備え、宿泊者の氏名・住所・職業・その他を記載 宿泊者に対し、注意事項や設備の使い方の説明(外国人なら外国語で)   これらを行うためには、対面で行うことが想定されていますが、これがかなり大変であるとされています。 今後、リモートでも対応できるのかについても議題に上がっていくでしょう。   マンションなどですと常駐ができ、対応も可能となりますが、常駐してない場合はなかなか宿泊者と時間通りに会うことが難しいのが現状です。 訪日旅行者に多いのですが、時間を指定しているのにその時間に現れなかったり、指定した時間より宿泊者が早く来てしまい、なぜかクレームにつながるという場合もあります。   そこで、今回のようなリモート対応のチェックインが効果を発揮するのです。     セルフチェックインができる『ABCチェックイン』 ABCチェックインの主な機能 5言語対応(日・英・簡・繁・韓) パスポート情報取得機能 本人認証機能 宿泊者台帳入力機能 ハウスマニュアル確認機能 事前決済 / 現地決済機能   これらを一挙に担ってくれるとなると、無人チェックインが可能ですね。 これが実現すれば、かなりホストの手助けとなります。   以下はABCチェックインにしかない特徴です。 ゲストがパスポート情報を登録するだけで宿泊者名簿を自動作成 Booking.com等のOTAサイトの事前決済機能 決済に連動した鍵番号の公開機能 ハウスマニュアルをゲストに周知徹底   3番の決済に連動した鍵番号の公開機能とありますが、 ABCチェックインと連携している構造計画研究所のRemoteLockまたは、リクルート社のiNORTH KEYを利用した場合となっております。   こういったスマートキー、スマートロックの連携も行えるとなると、フロント機能を一挙に行ってもらえるのでかなり良いのかもしれませんが、使ってみないとわかりませんね。   ABCチェックインの料金 初期導入費用 : 0円 月額利用料  : 2,980円(税込) 事前予約   : 初回2カ月無料 宿泊費の決済手数料 : 3.75%     これは使ってみる価値がありそうですね。 サービスはやはり最初は何が起こるかわからないため、安く設定されています。 その分、予期せぬ事態が起きる場合も考えられますので、こちらを頼りすぎてもしものことを考慮しておかないと大クレームにつながる可能性もありますので、注意が必要です。   ABCチェックインの利用 このサービスでは、以下のように利用していく。   民泊施設に到着したゲストはスマートフォンでQRコードを読み込む ↓ ↓ 多言語対応のチェックインページ上でパスポート画像の読み取りや宿泊者情報の入力 ↓ ↓ 内容は手続き時刻とともにクラウド宿泊者名簿に自動送信 ↓ ↓ ホストはリアルタイムに情報を確認可能     また、機能でも紹介したように、ハウスマニュアルの周知や、鍵の受け渡し(スマートロック)や決済がこれ一つで無人で可能となります。 予定では8中に公式リリースとなります。   現在は事前予約を受け付けている段階です。 質問や、事前予約は下記からできます。 ⇒ 民泊新法対応 ABCチェックイン事前予約ページ     おわりに こちらを運営するチャプターエイトはホスト業務を遠隔化する「リモート民泊」サービスを手掛けています。 2017年5月に第1弾である日本初の民泊向け無人物販スマホアプリ「Air Buy&Check(ABC)」をリリースしています。 民泊新法、特区民泊、簡易宿所向けゲストセルフチェックインサービス「ABCチェックイン」は第2弾のサービスですが、将来的には両サービスを統合し、民泊ホストの業務効率性を高めていくようです。 こちらの将来的なサービスも気になるところです。   民泊新法において運営する民泊は、年間営業日数が最大で180日という制限があるため、やりたくても採算が合わないという人が多くいます。 しかし、こういった大変労力のかかるフロント業務が無人で行えるとなりますと、民泊に対して後ろ向きだった方もこれならやれるかもとなるかもしれません。     こういったICTの活用によってホストの業務を効率化してくれるサービスは、これからどんどんと出てくることでしょう。 しかし、導入する際はしっかりと使い方を理解し、しっかりと期待する業務を行ってくれるかをテストしたり、いざという時のためのリスクヘッジをしておくことです。 機械ですので、壊れることもありますし、エラーすることもあり得ます。 何か起きた時に、お客様に対して、機械が壊れてしまって入れません。といっても通用しませんので、導入するとしても備えはしっかりと。   しかし、ああしてほしいがどんどん実現していく、便利な世の中ですね。       お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら  

  Webを中心とした人材紹介事業などを展開するダイバージェント株式会社は、日本初となるビジネスシーンに特化した民泊プラットフォーム「TripBiz(トリップビズ)」の開始を発表しました。   ゲストを日系企業のビジネスパーソンに限定し、観光客向け民泊で発生しがちなトラブルを最小限に抑え、より安心で安全な民泊経営をホストに提供する内容です。     収益強化とリスク回避が魅力 ビジネスパーソン向けの民泊「TripBiz」 TRIPBIZ HPより   「TripBiz」は2017年3月より 「TripBiz(トリップビズ)」は、2017年3月初旬から正式にサービズが開始される予定です。 現在はプレエントリーを受付けており、特設サイトや公式LINE@アカウントから詳細を確認することができます。   特設サイト ⇒ https://tripbiz.com/jp 公式LINE@アカウント ⇒ https://line.me/R/ti/p/%40qnt4910j   「TripBiz」の特徴 ゲスト    審査を通過した日本企業のビジネスパーソン 目的     出張や研修などのビジネスシーン 身分証明   ゲストである企業と宿泊者(氏名・所属部署など)の情報が得られる ホストの権利 ゲストの情報を見た上で、宿泊の受け入れを判断できる 交渉     企業側の担当者と対面してやりとりができる   従来の宿泊施設を使用する際は、ゲストの身分は自己申告のため、不確定な情報も少なくありませんでした。 しかし、「TripBiz」では、会社を通じてビジネスパーソンを受入れるため、信頼できる情報を得ることができます。   旅行を目的とした観光客の場合、個人を特定される心配が少なく、 さらに見知らぬ土地での開放感も作用するためか、 宿泊施設での傍若無人な振る舞いをとってしまう人も・・・。   特に民泊となると迷惑を被るのは近隣住民のため、民泊を排除したくなる気持ちが芽生えるわけです。   その点、「TripBiz」のゲストは会社員ですし、下手なことをすれば本人の評価はもちろん、会社全体の評判も落とすことになるため、社会通念から逸脱する行為が発生する可能性は少ないと考えられます。   ゲストのニーズに合わせた部屋づくりが大切 観光民泊との同一視は失敗のもと ビジネスシーンをメインにした民泊は、リスク回避だけでなく、収入の面においてもメリットがあります。 出張や研修は一定期間ごとに行なわれるため、企業単位のリピーターを確保できれば、安定した利益を期待できるのです。   企業からの選ばれる民泊施設になれるよう、 ビジネスシーンに欠かせないツール(Wi-Fiやプリンターなど)を優先して揃えなければいけません。   「TripBiz」では、部屋の設備やアメニティの状況を掲載してくれるため、 部屋をビジネスパーソン向きに充実させるほど、ゲストに選ばれやすくなるようです。   また、ゲストである企業や宿泊者が抱える、宿泊費の支払いに関する煩わしさを取り除く機能も備わっています。     ビジネス特化型民泊の需要と供給 一致させるには時間が必要 ダイバージェントは人材コンサルティング事業を展開しているため、 独自の営業ルートを用いてゲストとなる日系企業の数をある程度確保できる予想がつきます。   ただし、ホスト側にとって条件が良いため、始めの頃はゲストの数に対して提供施設が余る事態が発生するかもしれませんね。   そこは、ダイバージェントのノウハウと営業力で頑張ってもらいたいものですが、 ここ最近は宿泊施設不足の問題が如実に表れているので、時間と共に民泊を利用する企業も増加していくでしょう。   恩恵を受けられるのは一部の地域 万人向けの経営スタイルとはいえない とても魅力を感じるプラットフォームですが、利益が出せる地域は限られるかもしれません。   出張や研修が発生しやすい地域、たとえば東京や大阪、福岡などの都市や、企業の本社や工場が多い愛知など、 ビジネスパーソンが集中する場所でないとビジネス特化型民泊は難しいでしょうね。   また、どんなに設備が揃って居心地がよくても、交通の便が良くないと不利です。 観光目的であれば、どんなに不便な場所でも需要があったりしますが、ビジネス特化型民泊はいかがなものかと。     ただ、いくら交通の便が良くても、長期間ホテルに滞在することは想像以上にストレスになります。   実際に経験したことがあるのですが、常にスリッパか靴を履いていないといけない、毎食外食で体重が増える、 洗濯もできない(週末にまとめて家へ持ち帰る)、照明が暗くて作業ができない、他にも色々と不満がありました。   始めは楽しいホテル暮らしですが、日数が経過するほどに居心地の良い我が家が恋しくなります。   やはり、民泊最大のアピールポイントは、自宅と近い感覚でリラックスできる環境を提供できることです。 出張や研修でホテル暮らしの経験がある人ならば、きっと民泊の価値を理解してくれるでしょう。   民泊の全国解禁に向けて、立地や地域性を考慮しながら、 ビジネス特化型民泊が成立するか判断してみてもいいかもしれませんね。       お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら  

  東急グループのイッツ・コミュニケーションズ株式会社は、スマートライフ事業を展開するConnected Design株式会社と共に、 Iotを活用した民泊事業者向けのサービスを開始しました。 インターネットを経由して民泊運営の効率化を支援し、鍵のスマートロック化などをはじめ、民泊施設のセキュリティと利便性を高める内容です。   Iotサービスと管理システムがひとつに 民泊運営の手間を省く 各社が民泊の効率化を図るために提供するサービスは以下の通りです。   ■ インテリジェントホーム イッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)では、個人向けサービスとして「インテリジェントホーム」を提供しています。 「インテリジェントホーム」は、利用者のライフスタイルに合わせてIotデバイスを組み合わせることが可能です。   今回提供するサービスでは、スマートロック(電子錠)とIPカメラを民泊施設の各部屋に設置し、 鍵の受け渡しが不要な環境を整え、防犯対策をより強化する支援をおこないます。   ■ Connected Portal こちらを提供するのが、Connected Design(コネクティッドデザイン)はイッツコム、ニフティ、東急電鉄の3社が出資して誕生した、Iot事業全般を手がける新しい会社です。 各社の培ったノウハウをもとに、Iotデバイスを一元管理できるシステム「Connected Portal」を提供します。     2社合同で行う民泊支援サービス インテリジェントホームで提供しているIoT機器のスマートロック、IPカメラを設置します。 ゲストから民泊事業者に予約が入り、Connected Portalを通じてゲストの携帯電話に期限付きで使用できる鍵メールを送ります。 また、開閉が可能になる暗証番号の発行や、IPカメラを使った入退室の確認など、 インターネットを経由して無駄な労力やコストをカットできるシステムは大きな魅力です。 多くの電子機器と繋ぎ、ネット経由でON/OFFや不正管理などなどコントロール可能となります。     昨年の8月に沖縄で3ヶ月間の実証実験をおこない、実際の利用者の声や様子を踏まえてシステムを改善し、 より利便性を高めた民泊支援サービスとして提供を開始したようです。   実証実験をおこなった沖縄県内では、2018年の春までに1000戸の導入が予定されています。   また、2017年2月1日から東京や京都でも本格導入が決定されており、その後も順次全国展開される予定です。     注目のスマートロック 民泊における鍵問題を解決か 民泊における鍵の受け渡しは、他の宿泊施設と比較すると少々特殊です。 オーナーや管理者がゲストの宿泊当日に直接対面し、鍵を手渡さなくてはなりません。   民泊はホテルや旅館とは違い、24時間受付でゲストを待っているわけではないため、 少しでもタイミングがずれると、鍵の受け渡しが困難になり、部屋の使用が危うくなる場合もあります。   また、ゲストが鍵をなくしたり、無断で複製したりすることも考えられるため、 鍵の取り扱いについては、民泊の運営をする上で慎重にならざるをえませんでした。   従来使用されている鍵で想定される問題 鍵の受け渡し → ゲストが約束の時間に来ない → 待ちぼうけ    = 時間の無駄 鍵の受け渡し → ゲストが鍵を紛失 → 夜中でも呼び出される    = オーナーや管理者の負担増 鍵の受け渡し → ゲストが鍵を複製 → ゲストor第三者に悪用される = 責任を問われ、民泊運営が困難に   ゲストが変わるごとに鍵を取り替えるわけにはいきません。 たとえ頻繁に鍵を取り替えられたとしても、ドア事態に負担がかかるため、鍵とドアの全面取り替えになる場合も考えられます。     今回取り上げた新サービスは、主にエントランスがあるような民泊施設をメインに考えられているようですが、 様々な事情を抱える鍵問題を解決し、効率よく民泊運営をしたいのであれば、 個人規模の民泊においても、便利で賢いIotの導入を検討してみてもいいかもしれませんね。   余裕を持った民泊運営をするためにも、すべてひとりで背負い込まず、 最先端のIot機器に力をかりながら、日本のテクノロジーを感じる民泊施設を目指しましょう!   ただ、民泊新法の鍵の受け渡しや、対面説明の必要性なども検討中ですので、全自動とは行かず誰かしらが対応しなくてはならない可能性がありますので、そちらの点は頭の片隅に。       お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら  

  身軽に旅を楽しむ世界を目指し、保管を主とした運営を展開するecbo株式会社は、 2017年1月18日からコインロッカーに代わる新サービス「ecbo cloak」の提供を開始しました。   遊休施設の空きスペースを活用することで一時的な荷物預かりを可能にする、旅行者にオススメのシェアリングサービスです。   コインロッカーよりも便利に もっと身軽に観光を楽しめるシェアリングサービス 「ecbo cloak」では、契約されたカフェやゲストハウスなどの店舗に荷物を預けることできます。 荷物を預ける人と荷物を預ける場所を提供する人、双方にメリットが大きい世界初となる新サービスです。   【利用者】 重たい荷物を持ったままの移動がなくなるため、行動範囲が広がる コインロッカーを探す手間が省けるため、時間を節約できる 店舗スタッフが対応してくれるため、安心感がある  結果 = より旅行が楽しめる   【提供者】 人の出入りが増えるため、お店の雰囲気が活気づく 荷物を預けるついでに、店内の商品を購入してくれる可能性がある お店のPRにつながる  結果 = 荷物預かりスペースの提供料+お店の宣伝や収入UPが期待できる   現在では、東京の渋谷を中心として100店舗以上が登録済、順次店舗の種類やエリアを拡大していく計画のようです。     「ecbo cloak」の概要(流れ) ① 預けたい場所を検索する  カフェやショップなど、契約店舗の中から預けたい場所を選ぶ   ② Webで予約する  預け入れと受け取りの日時、荷物のサイズや個数を選択   ③ お店に荷物を預ける  店舗スタッフが対応、荷物を撮影した証明メールが利用者に届く(写真撮影は必須)   ④ お店で荷物を受け取る ※当日中  荷物を預けた際の証明メールを確認後、荷物を受け取る  受け取り時にオンライン決算が完了、領収書がメールで届く(決算方法はクレジットのみ)   料金プラン 手荷物プラン(最大辺45㎝未満で収容可能な荷物) 1日300円 スーツケースプラン(最大辺45㎝以上の大型荷物) 1日600円   保管中に発生した事故や震災などによる被害については、荷物1つにつき20万円までが補償されるようです。     旅行者を疲れさせては意味がない 負担を減らして快適な観光を!   旅行者にとって、重たい荷物を持ったままの移動はストレスのなにものでもありません。 まして、訪日外国人であれば大きなスーツケースを持っていて当たり前です。   コインロッカーは色々と難しい 駅や観光地にコインロッカーはあるものの、旅行者以外のひとも使用するため、すべてが使用不可の場合もあります。 運良く空いていたとしても、荷物が入る大きさとは限りません。   万が一、不具合が起こってロッカーが開かなくなったら、訪日外国人はどこに連絡して良いか検討もつかないでしょう。 コインロッカーは便利ですが、利用者の不満が高まる要素も多いです。   「ecbo cloak」を上手く利用できれば、旅行者の手荷物に関する悩みを一挙に解決できるかもしれません。   大きなスーツケースを持ったまま、人通りが多い場所を歩くことは大変です。 すべての旅行者にいえることですが、言葉も通じない文化も違う他国での移動は想像以上にストレスが溜まります。     気軽に荷物を預けられる場所がないと、「荷物が重く、移動が大変」という理由から旅行者は観光を諦めてしまいます。 たとえ観光を試みても、スーツケースが破損したり、人とぶつかったりなど、余計なトラブルに巻き込まれかねません。 旅行中の思いでは、楽しかったことはもちろん、苦労したことなども記憶に残りやすいモノです。   「二度と日本に来たくない!」と思われないように、観光客用の簡易預かり所を多数用意する必要があるといえます。     民泊でも時々ある、荷物を預かってくれの対応、困りますよね。 コインロッカーでお願い、ともなかなか言いづらいものがあります。 なにかあったら、ホストのせいだと思われるのも辛いものです。。。   預けたくても預けられない、そんなコインロッカー難民を救えるサービスが普及するといいですね!       お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら  

    民泊の主なターゲットである訪日外国人の数は、昨年の2016年に過去最高となる2403万9000人を記録しました。 今回は、民泊の集客数UPにもつながるかもしれない、訪日外国人の心を掴むお土産について、家主不在型民泊の際のおもてなしの方法について紹介します。     旅行の定番、お土産で訪日外国人をおもてなし お土産は、訪日外国人との交流を深める方法のひとつです。 民泊の運営スタイルによっては、ある程度のコミュニケーション能力が必要になります。 せっかく利用者と交流を図れる機会なので、リピーターを獲得するためにも、お土産を上手く活用しましょう。   民泊運営スタイルで比較 お土産の有効活用度 高 自宅の一部を民泊として利用者に提供する    家主在宅型民泊(ホームステイ型) 普 自宅を留守中に民泊として提供する       家主不在型民泊 低 民泊物件を購入し、すべてを仲介業者に委託する 家主不在型民泊(仲介業者管理)   民泊の印象を上げるためのお土産の活用法は、大きく2通りに分けることができます。 オーナー(家主) → お土産    → 訪日外国人 オーナー(家主) → お土産の情報 → 訪日外国人   家主在宅型(ホームステイ型)の民泊スタイルであれば、チェックアウト時にお土産を手渡せるため、 良い印象を残しつつ、利用者の満足度を高める効果が期待できます。 そうすると、リピーターの可能性を高めるだけでなく、クチコミでもより良い評価を得られるかもしれません。   また、家主自体がお土産を用意しなくても、近所でオススメのお土産が購入できる場所を教えるなど、 お土産の情報を提供するだけでも、利用者に丁寧な印象を与えられるはずです。     気持ちの押しつけはNG お土産選びは慎重に   まず、喜ばれるお土産を選ぶ前提として、訪日外国人をひとくくりで考えないようにする必要があります。 たとえば、漢字Tシャツや印鑑、扇子などは日本定番のお土産ですが、すべての訪日外国人向けではありません。   中国や韓国、台湾や香港から訪れる観光客にとって、漢字やアジアンテイストのものは珍しくないからです。 できるだけ国や習慣を考慮し、好き嫌いの差が少ないお土産を選ぶようにしましょう。   日用品や生活雑貨    日本ブランドの文房具、化粧品、衣服など 日本発祥の現代文化   アニメや漫画の関連商品、ゲーム、トイカプセルなど 和風の民芸品      浴衣、湯飲み、手ぬぐいなど 日本の飲食品      抹茶、日本酒、お菓子など、 日本限定の製品や価格  日本でしか手に入らない、また日本以外では高級品として扱われているもの   多くの訪日外国人は、上記のようなお土産を好む傾向にあるようです。   当たり前のことですが、貰って困るようなお土産では意味がありません。 また、かさばるものや、空港の保安検査が煩わしくなるようなものは避けましょう。 意外と見落としがちですが、実は日本発祥でないものや、海外でも購入できるものがないかなど、 お土産選びの際は、事前に確認する必要があります。   やはり、日本を思い出せるものや、貰った人が日本に興味を持つようなお土産が1番です。 リピーターを獲得するためにも、お土産効果を上手く使って、訪日外国人を魅了する民泊づくりに取り組みましょう。   ただし、お土産ばかりに頼りすぎるのは危険です。 利用者が居心地良く滞在できる民泊を提供し、「泊まってくれてありがとう」 「また、来てくださいね」という日本人らしい謙虚な気持ちを込めて、お土産を手渡すようにしてくださいね。     お土産だけではない、おもてなし   家主不在型の民泊でも効果を発揮するものはあります。 人はいませんが、モノでおもてなしをするのです。   ぱっと思いつくものは手紙が思い浮かぶのではないでしょうか?   手紙といっても、長ったらしく、固ーいお手紙ではありません。 短くても良いんです。フレンドリーに書いてもいいんです。   よい旅館でしたら、お出迎えや、チェックインなどすると思いますが、そのシーンを考えてみます。 『ようこそおいでくださいました!』 『民泊ナビ様、お待ちしておりました』 『東京から来られたなんて、遠かったでしょう?』 『どうぞごゆっくりお過ごし下さいませ。』   このような事を言っているイメージがあります。(独断と偏見です) こういったことを、家主不在型で手紙を通して行ったりすると、ゲストにとっては嬉しいです。 その方の名前を入れてあげたり、定型文ではない文であったり、直筆で書いてあったりと。   更に更に、ウェルカムドリンクみたいな感じで、 『長旅お疲れ様でした。よかったらお茶とともにお召し上がれ♪』 といった感じでお茶と、お菓子のセットが置いてあったりしたら嬉しくないですか?私は嬉しいです。   こちらは日本で流行っているモノです。といってカップラーメンを置いてあったり、 これを入れると、温泉みたいになります。といってバスロマンを置いてあったり。   もてなしたい!という想いがこういった形になってくるのだと思います。 どうやったら相手が喜んでくれるかな、と思いながら部屋を作ると自ずと細部に仕掛けをしたくなってしまうのです。   人は嬉しいサプライズに弱いものです。   例えば、前もって、その旅行者夫婦が結婚記念日で旅行に来るという情報がわかったとします。 サプライズで少し豪華な花を飾っておいたり、プレゼントとして置いたり、メッセージを添えていたり。。。 まぁ、うれしいですよね!そんなのがあると思わないと思います。 それがあったとなると、サプライズですよね。 大げさなサプライズでなくて良いんです。プチサプライズでいいんです。 天気予報が雨だったら、どうぞご自由にと書いて、傘を置いておいたり。       よーーく考えたら、不在型民泊だとしても、いくらでもおもてなしをできるかと思います。 あなたの本当の思いやり、本当のおもてなしの心がちょっとした工夫を生むのです。 そしてそれが相手に伝わり、喜んでくれる。それに対しての御礼の言葉で自分も喜びをもらえる。 こんな素敵なやりとりをしながら続けると、民泊は楽しくなっていきます。   どうか、お金のためだけにやらないでほしい。 日本人のおもてなしを、日本人や、世界中から来る方たちに振る舞ってほしいなと思います。 なんですかね、宿を提供するというよりも、宿を使っておもてなしを提供するみたいな・・・   あー、日本人て、やっぱりおもてなしの国なんだな、って思われるような日本になったら素晴らしいですね!!    … 続きを読む

  近年、新しいタイプの宿泊施設や賃貸物件が増え、民泊新法の制定や規制緩和などの動きが目立つようになりました。 空いたスペースを「シェア」する民泊とシェアハウス、2017年は2つが合わさった新たな「シェア」ビジネスが普及しそうです。   民泊とシェアハウス、どちらも空間を提供するシェアリングエコノミー 寝泊まりできる場所を提供する点でいえば、民泊とシェアハウスはよく似ています。   メリット  借り主は、既存の賃貸物件や宿泊施設よりリーズナブルな値段で利用できること       貸し主は、投資物件として活用できるため、軌道に乗れば一定の収入が見込めること       空き家問題を解消することにより、地域の活性化へつなげられること   デメリット 騒音問題など近隣住民とのトラブルが発生しやすいこと       地域によっても規制が異なり、運営の許可が下りにくいこと       新しく生まれたサービスなのため、法整備が整っていないこと   双方ともまだまだ認知度は低いですが、民泊よりもシェアハウスのほうがメディアへ取り上げられることが多く、 20代から30代を中心とした若い世代には浸透しつつある「シェア」の代表格といえます。   民泊と賃貸の収入をWで得られる? 民泊新法がもたらす恩恵 2017年以降の展望としては、「民泊」と「シェアハウス」を融合させた施設が増加する可能性が考えられます。   民泊新法が制定されることにより、シェアハウスの住人を在宅管理人に登録することで、 「家主滞在型民泊」を始められるようになるからです。   民泊の運営には営業日の制限があるため、収益を伸ばすためにフル稼働しても180日を超えることはできません。   そこで、基本はシェアハウスの運営をしながら、空き部屋を民泊として活用すれば、 安定した不動産収入が得られる確率が上がるというわけです。   無駄なくがっちり稼ぎたい人向けの経営スタイルといえるかもしれません。   シェアハウスだからこそ民泊化しやすい理由   シェアハウス内で民泊を運営することは、収入の面だけでなく、近隣住民とのトラブルを軽減させる効果もあります。   たとえば、他の住居施設と比べて入れ替わりの間隔が短いシェアハウスの住人であれば、 人の出入りの多い民泊の運営スタイルを受入れやすいことが予想されるからです。   シェアハウスでは、同じ趣味や意識を持った複数の人がコミュニケーションをとりながら生活していることもあり、 人との出会いを求める傾向があります。   その点からすると、通常の住宅地とは違い、民泊に対するネガティブなイメージや拒否反応は少ないかもしれません。 シェアハウスの住民は、世代や価値観の違う人々が集うことで生じるトラブルに慣れていることが考えられるため、 民泊への理解が得やすいともいえます。     シェアハウスの住人と民泊を利用する旅行者は、特別な体験や交流に意義を持つ人が多いです。 民泊とシェアハウスを併合させることが物件の新しい魅力となり、利用者の増加も見込めるかもしれません。   運営側だけでなく、利用者にとっても、需要と供給が一致する合理的な「シェア」ビジネスの形といえますね。       お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら  

    米民泊仲介サイトの大手Airbnb(エアービーアンドビー)は、旅行検索サイト『トラベルコちゃん』と、国内最大級の旅行情報サイト『Travel.jp(トラベルjp)』の2社と業務提携を行ったと発表しました。 提携した2つのサイトは全世界の宿泊検索結果を比較横断できるサイトで、こうしたAirbnbとの連携は、国内においては初めてとなります。 これにより、世界各地のAirbnb民泊施設を容易に検索して予約することができるため、今より幅広い選択肢で検索・比較することができます。     3社の声 Airbnb Japan 田邉泰之氏 「現在、300万を越えるお部屋がAirbnbリスティングとして登録されており、正真正銘のローカルな体験をAirbnbのゲストの皆様にお届けしています。 Airbnbがさらに広く浸透し、あらゆるタイプの旅行者のニーズに合ったカスタムの宿泊オプションを提供する、Airbnb独自のプラットフォームを体験していただく機会が多くの旅行者にもたらされることを楽しみにしています。」 報道資料より   トラベルコちゃん運営する株式会社オープンドア代表取締役社長 関根大介氏 「このたびのAirbnbとの業務提携により、トラベルコちゃん海外ホテル比較サービスは、同条件での最安値宿泊プランを見つけることができるサービスからさらにひとつステップアップして、現地の文化をより身近に感じながら滞在を楽しめるプランを探すこともできるものとなりました。 旅行の選択肢が拡充したことにより、トラベルコちゃんをご利用の皆さまの旅行がより楽しく充実したものとなれば、大変うれしく思います。」 報道資料より   Travel.jpを運営する株式会社ベンチャーリパブリック代表取締役社長 柴田啓氏 「今回、Airbnb日本国内初の旅行比較サイト分野での業務提携先となれたことを非常にうれしく思います。 弊社の運営する『Travel.jp』は、もともと国内外の航空券、ホテル、ツアーと多くの選択肢をユーザーの皆様に提供していますが、この度の連携で新たに「よりユニークな旅の体験」をご提案できるようになります。 この新たな選択肢が加わることで、ユーザーの皆様の旅行がより一層素敵な体験になることを心から願っています。」 報道資料より     検索結果画面でAirbnbタブにて切替可能 トラベルコちゃんにてAirbnb検索イメージ画像 Airbnb 報道資料より   Travel.jpにてAirbnb検索イメージ画像 Airbnb 報道資料より   トラベルコちゃん、Travel.jpの海外ホテル検索画面は上記のものとなります。 Airbnbの物件については一覧表示に混ざって表示されるのではなく、Airbnb民泊物件の一覧ページに遷移するタブにて切替が可能となります。完全に切り離しています。   ちなみにこちらは海外においての場合のみの話であります。 日本国内ではまだ法整備が追いついていないため検索はできません。 民泊新法による法律がしっかりと決まりましたら、日本のAirbnb民泊物件も検索可能となってくるのではないでしょうか。 Travel.jpは日本を含めた検索も行えるようにしていくとしています。       今回の提携により、海外に泊まる際の選択肢が広がりました。 同じサイト内で検索ができるため、比較がしやすくなります。 日本でも旅行の選択肢の一つとして民泊はあるべきだということはいわれております。 こういった民泊仲介サイトと連携した宿泊予約・比較サイトが今後増えてくるのではないでしょうか。 早く国内でも宿泊施設における選択肢が増え、時にはホテル、時には旅館、時には民泊といったように、色々な旅行の仕方を楽しんでいきたいですね。       お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら  

    オンライン旅行事業、訪日旅行事業のエボラブルアジアは、シェアリングエコノミー事業に本格参入することを発表しました。 まずは、2017年1月中旬にCtoCの民泊プラットフォームサービス「AirTrip民泊」を運営開始します。 その後、スペースレンタル事業も検討を進めてるとのことです。     CtoCの民泊プラットフォームサービス『AirTrip民泊』 エボラブルアジアHP 報道資料より   ■ 法の許可を取得した物件のみの掲載 特区民泊、簡易宿所から掲載スタート、安心No.1の民泊プラットフォームを目指す。   ■ Made in JAPANの使いやすさ まずは日本人による日本人のための民泊を提案。 将来的には多言語化はもちろん、訪日旅行者もおもてなしする、和製No.1を目指す。   機能一覧 航空券の検索機能 AirTripとのポイントシステム連動 事前クレジットカード決済完備 柔軟にゲストを受け入れる仕組み お友達紹介機能 非WEBプロモーション機能 オンライン領収書 自動PDF発行システム 自社HPからリンクを繋ぐだけで販売エンジンを利用可能なMySITEシステム ホストの独自集客力も有効活用   エボラブルアジア https://www.evolableasia.com/       またまたエボラブルアジアです。 民泊のプラットフォームサービスも始めるということで2017年も話題に上がりそうです。 Made in JAPANを謳っていますので、どこまでユーザビリティに優れているのか早く触ってみたいです。 やはり、海外のサイトであったりですと何かとやりづらい、わかりづらい感は否めません。 日本のものというだけで信頼度、親近感が増しますし、何か困ったら日本人に連絡できるという安心感というのが日本人にとっては結構大事だったりします。   『AirTrip民泊』は全て法として許可を得た物件だけを載せることとしていますので、やはり今後は旅館業法や、特区民泊の許可を取得していますと、一気に多くの人に認知することができます。 特に日本人はマスコミによるマイナスイメージが強く残ってる方もおりますので、民泊する場合は絶対に許可を取ってるところがいいという方も増えてくると思います。 日本人が泊まってくれるならそちらのほうが民泊運営はしやすいです。 そのことも含め許可の取得の流れは進みそうですね。       お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら

    セキュリティを中心とした事業を展開するセコムは、 民泊オーナーや管理会社をサポートする「セコムあんしん民泊パッケージ」の販売を開始しました。   セコムグループが連携して民泊開業を支援することで、スムーズで広範囲な補償を可能にしたワンストップ型サービスです。     「セコムあんしん民泊パッケージ」の概要   主な提供内容 ・消防対応 ・セキュリティ ・AED・防災備蓄品 ・損害保険 ・リフォーム   消防対応 民泊物件に応じて異なる消防対応をセコムが提案、自動火災報知器や誘導灯の設置工事までを一括して任せることができます。 また、消火器や防炎物品(カーテンなど)の販売、年2回の消防用設備点検についても相談に応じて受付けています。   セキュリティ オンライン安全サービスでは、24時間体制で自動火災報知設備を監視してくれます。 火災を感知するとセコムの緊急対処員が出動、確認や通報など、現場で適切な対応をしてくれます。   また、出入管理システム「セサモ・テンキーロックⅡ」、防犯カメラ「セコムNVRシステム」など、 物件のセキュリティを強化できる商品を用意、状況に合わせて購入することもできます。   緊急時対応の備品備蓄 AED機器一式をレンタルできる「セコムAEDパッケージサービス」や、プロが厳選した防災用品セット「セコム・スーパーレスキュー」の設置など、セコムが提供するゲストを守るための安全対策を導入することができます。   火災保険セキュリティ割引 オンライン火災監視サービスを利用すると、セコム損害保険が提供する火災保険の割引を受けることができます。 さらに、盗難や災害が原因で休業した場合などを補償、範囲を広げてリスク対応をしてくれます。   リフォーム 民泊に適した物件にするためのリフォームができます。 ゲストが滞在しやすい空間づくりや、事業開始前の物件清掃なども依頼することもできます。       今回セコムが提供を開始するのは、従来の民泊パッケージ商品とは異なる、セキュリティに特化したサービスです。 トラブルや事故後のサポートというより、リスクを回避するための方法が充実しています。   また、何よりも注目したいのが、異変を感知した際に現地に派遣される緊急対処員の存在です。 臨機応変にセコムが動いてくれるため、火災による被害を最小限に抑えられます。   民泊物件の近隣に住んでいない限りは、オーナーや管理会社が火災の発生に気づくことはありません。 気がつかないうちに物件が全焼、取り返しのつかないことになる可能性もあるわけです。   被害による保険金の補償だけでなく、実際に現場に向かって事態に対処してくれる存在は、 オーナーや管理会社だけでなくゲストにとっても心強い存在といえるのではないでしょうか。   安全で安心な民泊を運営するためにも、セキュリティのプロに力を借りてみるのもいいかもしれませんね。       お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら

    民泊通報サイト「民泊ポリス」を運営する株式会社オスカーは、「パトロールサービス」と「Sola」の有料サービスの提供を開始しました。   不動産オーナーや居住者の要望に合わせ、民泊に利用されている物件の情報を有料で提供します。   ヤミ民泊を監視する 民泊ポリスとは 2016年5月から始まった、民間初となる違法民泊通報サービスが「民泊ポリス」です。 → https://minpaku-police.com   ユーザーから民泊物件情報や苦情を受付け、ホストも参考になる苦情ランキングの公開などもおこなっています。 さらに、それらの民泊情報を行政に提出、結果としてヤミ民泊の運営改善に役立つことも少なくありません。   以上のような、ヤミ民泊から個人や所有する資産を守るため、無料の通報サービスを提供しています。   新たに加わった2つの有料サービスについて 1.パトロールサービス 不動産オーナーや管理会社向けのサービスです。   事前に所有物件の情報を登録しておくことで、定期的にインターネット上をパトロールしてもらうことができます。 万が一、民泊仲介サイトなどで物件が発見された場合は、所有者に報告されるシステムです。   無断で物件を民泊化されることを防げるため、違法民泊による財産価値の低下など、不利益なリスクを回避することができます。   月額制 料金は問い合わせ   2.民泊募集住所データ提供サービス Sola 民泊ポリスに蓄積されたデータを元に、民泊に使用されていない物件を探すことができます。   引っ越し先などを検討している人に役立つサービスです。 事前に民泊運営の有無を確認できるため、居住後に民泊関連のトラブルに巻き込まれるリスクを軽減できます。   1回の問い合わせごとに300円(税別)     今回のサービスが誕生した背景には、世間からのルールを守らない民泊運営への憤りが窺えます。   自治体から認可を受けていない違法民泊は、認定を取り消されるという危機意識もないため、 周囲への配慮に欠けた、ずさんな運営を繰り返すのかもしれません。   今後、確実に増加することが予想される民泊ですが、行政では違法民泊を取り締まるだけの人手を確保できていません。 だからこそ、物件オーナーや住人の「知る権利」に役立つ情報を、中立な立場で提供してくれる存在が必要といえます。   違法民泊に対する監視の目を強化することで、適切な運営に方向転換してくれる民泊が増えるといいですね。       お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら

コンシェルジュ・サービス

最安値のWi-Fi 個人利用にも最適

ブログランキング

ブログランキングに参加しました!
クリックしていただくと夢が広がります!!
ブログランキング

女子旅・グループ旅行に公認民泊

about民泊

pagetop