民泊ナビの

民泊blog

Airbnbを中心とした民泊のすべて教えます。

スペースマーケットHP より     空き施設仲介のベンチャー企業スペースマーケットは4月末にも民泊事業に参入します。     訪日外国人の増加で民泊に注目が集まる中、同社は日本人客に狙いを定めています。   見本市やライブコンサートなど大規模イベントで取りこぼしている日本人客の需要が多いと判断。   主力事業であるレンタルスペースの貸し出しとの相乗効果も高められるとみて参入を決めたとのこと。     スペースマーケットの重松大輔社長は以下のように述べております。   「日本人が日本人に貸し出す民泊は間違いなく伸びる。 訪日外国人の増加でむしろ日本人向けの宿泊施設の不足が深刻。 民泊でカバーせざるを得ない。」     スペースマーケットの民泊サービスとは 4月末にも始める民泊サービスは、既存の施設マッチングサービスと組み合わせて   「昼間の会合と夜の宿泊をセットで提供する」(重松社長)ものです。   例えば昼間に古民家で企業の研修を実施し、夜はそのままそこに宿泊する。     現在は宿泊できない施設ばかりであるため、   利用者は日帰りしたり別のホテルや民宿に移動して泊まったりしています。   交通が不便な場所に位置する施設もあり、宿泊のための移動に時間がかかるケースもあるといいます。   「せっかくだから泊まりたいという利用者は多いが、 今はお断りしている。需要を取りこぼしている」(重松社長)状態だとのこと。     民泊仲介のプラットフォーム提供者として伸びている企業に、Airbnb(エアービーアンドビー)などがありますが、   こちらは主に訪日外国人向けのサービスよりであります。     スペースマーケットが狙うのは日本人向けの民泊。   施設でのイベントと宿泊を組み合わせる工夫で、同社の既存サービスを補完します。   新たな需要も掘り起こせるとみているとのこと。     有望と期待するのが『イベント民泊』。   宿泊施設が足りない地方で有名アーティストのコンサートがあると、   来場客がカラオケボックスで徹夜するといった事態が起きています。     国際会議や展示会などの『MICE(マイス)』の開催地でも、   宿泊施設の確保が切実な問題になりつつあります。     ほかにもビジネスパーソンの地方出張など、日本人の民泊需要は多いといいます。     課題 課題の一つが物件の確保だと言います。   サービス開始当初は旅館業の許可を受けた物件を所有する個人や企業からの登録を主に受け付け、   不動産の所有者のほか、不動産会社やリース会社の利用を想定しています。     スペースマーケット自身は   「あくまでプラットフォーム提供者なので、 基本的には旅館業の許可は不要と考えている」(重松社長)が、   必要に応じて取得することも検討しているとのことです。         まだまだ詳しい内容は分かりませんが、既存のサービスと連携を取り行っていく模様です。   4月末ということで、もう間もなくのスタートとなります。     こちらの企業はなんとなく民泊の扱いをするのではと思っていた矢先でした。   日本人客がこれから民泊の需要が伸びてくることは間違いありませんのでマッチしています。     徐々に民泊参入企業が増えている現状です。   2016年は『民泊』にとって躍動の年になることは間違いないでしょう。   これからの民泊に関する法律は要チェックですが、   『民泊』に参入する企業にもチェックしておきましょう。     元記事:ITpro より 「狙いは日本人客」 民泊参入、スペースマーケットの深慮遠謀       お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら

  株式会社スペースエージェント(本社:東京都港区、代表取締役社長:出光宗一郎)は、   民泊事業主が民泊(転貸)可能物件を探すための不動産ポータルサイト 「民泊物件.com」(https://minpaku-bukken.com/)   を2016年3月下旬にリリースすると発表しました。     スペースエージェントは不動産領域でインターネットサービスを展開する【オルトリズム】の100%子会社で、 民泊事業を専門に行う会社です。       立ち上げの経緯 スペースエージェントの代表取締役、出光宗一郎氏に立ち上げの経緯について聞いた記事がTechCrunch Japanにありましたので紹介いたします。   そもそも個人が自宅の一部や所有する物件を営利目的に宿泊施設として貸し出すことは旅館業法により原則禁止されている。しかし、Airbnbといったインターネットサービスの普及により無断で営業する事業者が増え民泊事業者と家主との間のトラブルや民泊を利用する旅行者と近隣住民の間にトラブルが相次いだ。 ただ、訪日客の急増に伴い宿泊施設が不足していることもあり、厚生労働省は2016年4月1日を目処に旅館業法を改正し、許可制で民泊を認める方向に動いている。   スペースエージェントの出光氏は、これまで民泊事業を運営しようと思っても通常の賃貸物件用のポータルサイトでしか物件情報を得ることはできなかったと説明する。   そういったサイトには家主が民泊や転貸を許可しているかどうかや民泊に適した設備や条件が整っているかは分からない。 民泊事業者が独自に情報を集めたり、家主から民泊利用の許可を得たりするのには時間と手間がかかる。 まず物件探しの部分から民泊運営のあり方が改善されない限り、法改正がなされたとしても家主の許可を取らない無断営業は減らないだろうと出光氏は指摘する。   民泊物件.comの目標は、民泊事業者に必要な情報と民泊運営のノウハウを提供することで健全な民泊運営をサポートすることと出光氏は話す。   民泊物件.comでは家主の民泊利用許可を出している物件のみを扱い、民泊事業者の物件探しを円滑にするため、基本的な物件の設備情報に加え、管理人の有無やセキュリティーといった民泊事業者目線で必要な物件情報を提示する。   民泊物件.comのもう1つの特徴は、Airbnbなど民泊の予約サービスをクロールした情報を元に当該物件の想定宿泊金額と宿泊率を算出し、民泊事業者の想定収入、初期費用と投資回収期間などの指標も提示することだ。 また、民泊運営で必要となる英語でのカスタマーサポートや清掃サービスを代行する事業者も紹介するという。   TechCrunch Japan より     民泊物件.comの特徴 1.民泊(転貸)可能物件のみを掲載。また、グループ会社を通じて店舗・オフィスビルの空中階を民泊可能物件として提供する独自の仕入れルートがある。   2.独自のアルゴリズムで、民泊物件指数(民泊運用時の想定収入、投資金額等)を物件情報とともに自動表示。民泊初心者の方も安心してご利用頂けます。   3.家主・不動産会社様は物件情報をご掲載頂くことで従来集客が難しかった空室についても早期客付が可能になります。       現在、事前会員登録キャンペーンを行っているとのこと。   2016年3月末までに会員登録すれば、下記の特典がつきます ■ 民泊事業主 : 物件情報を無料会員より1日早く閲覧いただける「プレミアムプラン」を2016年4月末まで無料   ■ 不動産会社 : 2016年4月末まで掲載物件へのお問合せ課金が完全無料       プランとしては2つ   民泊事業者は基本的に無料で公開物件を閲覧できますが、   月額980円のプレミアムプランに加入すると、非公開物件なども閲覧可能となる仕組みです。     比較的安価であるので良いかもしれません。   ただ、プレミアムプランですと、物件が成約できなくても必ずかかってしまいますので注意が必要です。   おそらくフリープランですと、そこまでは良い物件は流れてこないのかなと思いますがどうなるのでしょう。     ただ、4月末まではプレミアムプランが無料の特典がありますので、   お試しとして登録して、どうなるかをやってみる価値はあると思いますので検討してみてはいかがでしょうか?       お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら

アパート・マンションの販売事業や不動産賃貸管理事業を手がける株式会社シノケングループは、新築による民泊対応型マンションの開発を推進している。 現在、2015年12月に国家戦略特区法に基づく条例が制定された大田区に、マンション1棟・総戸数46戸の建設を進めており、17年夏ごろ竣工の予定。法令上の認定を受けたうえで、民泊での運用も視野に入れた高利回りの投資用マンションとしての企画を検討している。想定の投資総額は約10億円。 このほかシノケングループでは、港区や豊島区などに開発中のものを含めて新規物件7棟・約260戸(投資総額約70億円)を有している。各行政区における条例の制定に伴い、基準に適合する物件を順次、民泊対応型マンションとしての販売もしくは社有の賃貸物件での運用を検討している。 民泊対応型マンションの間取りは1K~1LDK、平均販売価格は2500万~5000万円を想定している。 また、同社では持分法適用関連会社の株式会社プロパストと共同で民泊プロジェクトを立ち上げ、バリューアップ事業としてプロパストが物件取得と企画・デザインを行ない、子会社の株式会社小川建設が施工を担当する。 さらに、株式会社シノケンアメニティの民泊物件を対象としたクリンリネスサービス業務への参入や、ジック少額短期保険株式会社による民泊対応型少額短期保険の開発など、グループ会社を通じた幅広い民泊関連サービスの提供も検討している。 記事はこちらから 投資用の民泊マンション。。。。 それって民泊?ホテル? 民泊だけでなく賃貸としても転用可能だから建設リスクが少ない。という解釈でいいだろうか??

大京がカイ気配スタート。きょう付の日本経済新聞で「今春をめどに一般住宅に旅行者を有料で泊める『民泊』事業に参入する」と報じられており、業績への貢献が期待されているほか、「民泊」関連のテーマ株物色の流れにも乗った格好だ。記事によると、規制緩和を促す「国家戦略特区」で民泊を認める東京都大田区を中心に展開し、初年度は約100戸の空き家を買い取って改装し、宿泊者を受け入れるという。大田区以外にも「民泊」が広がる可能性があることから、事業拡大余地は大きいと判断しているようだ。記事 ライオンズマンションシリーズを手がけている大京が民泊参入しました。 アパマンよりも遥かに規模の大きい不動産業界ですからね。面白くなってきました。 今までのAirbnb代行業は、独自路線を貫くのか?はたまた大手不動産と手を組むのか? 初年度に約100戸の空き家を買い取って改装してしまうほどの資本力を持っているわけですからね。 今後はAIrbnb代行業にも荒波が押し寄せてくるでしょう。 大手といかに組むのか?これがポイントになるのではないでしょうか?

コンシェルジュ・サービス

最安値のWi-Fi 個人利用にも最適

ブログランキング

ブログランキングに参加しました!
クリックしていただくと夢が広がります!!
ブログランキング

女子旅・グループ旅行に公認民泊

about民泊

pagetop