民泊のAirbnb公式パートナーigloohomeとSQUEEZEが日本独占契約締結~次世代型スマートキーボックス~

民泊記事

2016/09/12


12_key
Photo credit: Román Emin via VisualHunt / CC BY-ND

 

 

民泊・ホテル・旅館に特化したMister Suite(ミスタースイート)を展開する株式会社SQUEEZEは、

 

スマートアクセス関連のIoT事業を開発・提供するigloohome Pte Ltd.との間で

 

スマートキーボックス『igloohome』の日本における独占販売契約を締結しました

 

 

今回、シンガポールに本社を置くigloohomeによって開発されたスマートキーボックスが日本で初提供開始となります。

 

これまで、様々なスマートロックが発表されている中、キーボックス自体をスマート化したものは初めてとなり、

 

宿泊産業/不動産産業における“鍵交換”への新たなソリューションを提供します。

 

SQUEEZEはホスピタリティテックのリーディングカンパニーとして、宿泊産業におけるIoTソリューションを提供するため、

 

スマートキーボックスに関する独占契約を締結する運びとなりました。

 

今後も両社は協力し、様々なIoTソリューションを提供していきます。

 

 

スマートキーボックス『igloohome』

『igloohome』は、Bluetooth搭載の世界で初めて暗証番号で解錠可能なキーボックスです。

 

取り外し可能で様々な場所に取り付けることが出来、新たな工事やインターネットゲートウェイも不要です。

 

暗証番号を一時的に発行することができるため、鍵管理の効率化に活用でき、

 

さらにAirbnbの正式パートナーとしてAPI連携していることから、

 

暗証番号情報は直接予約したゲストに送られるシステムとなっています。

 

 

民泊だけでなく、不動産業者の顧客の内覧時の鍵管理にも活用できます。

 

中国では不動産業者を中心に、既に500個以上のプレオーダーを獲得、

 

China Good Design Award 2016にもノミネートされています。

 

今年のAirbnb Open 2016においても販売を開始し、世界各国で展開する予定です。

 

 

 

 

 

igloo KeyboxはAirbnbの公式パートナーとしてAPI連携しているため、Airbnbの管理にも最適ですね。

 

かなりの安心セキュリティを誇っており、igloohomeのキーボックスは亜鉛合金とアクリルで作られており、

 

様々な衝撃から、大切な鍵を守り、完全防水のため屋外でもどこでも手軽に設置可能なのです。

 

インターネット接続不要なため、単4乾電池4本で1年以上稼働する省エネ設計なのです。

 

 

民泊だけでなく、不動産管理、スペースシェアなどにも使えますね。

 

ただ、気を付け欲しいのはこちらはスマートキーではなく、スマートキーボックスです

 

あくまで、鍵を保管するボックスとなりますので、スマートキーのイメージで購入してもダメですよ。

 

スマートキーボックスとして人気を集めるのでしょうか。注目です。

 

 

 

お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。


  • facebook
  • twitter

コンシェルジュ・サービス

最安値のWi-Fi 個人利用にも最適

ブログランキング

ブログランキングに参加しました!
クリックしていただくと夢が広がります!!
ブログランキング

女子旅・グループ旅行に公認民泊

about民泊

pagetop