Airbnb国内の高級ホテル・旅館の予約始動 民泊以外も積極的に

民泊記事

2017/05/17


旅館の貸切露天風呂

 

 

民泊仲介サイト最大手のAirbnb(エアービーアンドビー)は、旅行事業も手掛けるエボラブルアジアと独占的に業務提携し、日本の旅館やホテルの予約サービスを始めるとしました

 

世界中の人の幅広い要望に応えるために、特徴ある施設を中心に掲載を増やしていく予定で、

ユニークなおもてなしを提供する日本国内のホテル・旅館の情報掲載を拡大していく』としています。

 

 

高級施設や個性的な施設を順次掲載

Airbnbはエボラブルアジアと組み、今夏にもサービスを開始する予定です。

 

エボラブルアジアの子会社が運営するホテル・旅館予約サイト『らくだ倶楽部』(https://www.rakudaclub.com/には約1500施設の厳選されたホテル・旅館があります。

こちらとAirbnbが運営するサービスの1つ『AirTrip』(特区民泊および簡易宿所といった法律に則った合法民泊物件のみの運営)(https://minpaku.airtrip.jp/)の特定条件に該当する施設を、Airbnbサイトに掲載していきます。

 

具体的には、25室以下の小規模施設や大型施設のスイートルームVIPルームなどといったように、訪日外国人旅行者が興味を持ちそうな施設が対象です。

建物やサービスが特徴的なものも含め、高級施設や個性的で独創性のある施設を掲載していく方針です。

 

 

Airbnbとエボラブルアジアの独占提携

エボラブルアジア、Airbnb独占契約

ITmedia 記事より

 

Airbnb社は民泊仲介サイトですが、最近では既存の宿泊施設などを掲載や連携を行い始めています。

宿泊施設の選択肢が増えれば、その分ユーザーの選択肢が増えるわけです。

 

エボラブルアジアはAirbnbに掲載する日本国内のホテル・旅館開拓を独占的に引受け、宿泊施設に対して営業を行ったり、各地で説明会を開催したりし、まずは5,000軒を目指す方針です。

なお、Airbnbの予約サイトへの情報登録や宿泊プランづくりはエボラブルアジアが代行します。

旅館やホテルに情報掲載料は求めませんが、宿泊料金の10%を手数料として受け取り、Airbnbとエボラブルアジアで分け合う形です。

 

 

おわりに

Airbnbは宿泊施設予約サイトとしての幅を大きくしようとしています。

民泊だけにはこだわらず、ホテルや旅館も掲載していくとのことで、かなりの掲載数になりそうですね。

 

しかし、何でも載せていこう、という事ではなく、特徴的なもの、高級感のあるもの、人気のあるものを載せていく方針です。

そこのこだわりはとてもいいですね!

今後Airbnbで宿探しする際、更に楽しくなりそうです。

 

がしかし、Airbnbに掲載している民泊としては、更に強力なライバルが増えるという事なのです

今後民泊は民泊新法により、規制がかかってくるため、掲載数が減ってくるかと思いますが、特徴的なスペースの提供をすることが、かなり大事になってきそうです。

ホテル・旅館はサービスも含まれることから、それ相応の料金となりますが。

 

 

昨年の2016年は、Airbnb利用者が世界で8,000万人もいたとか!

日本でもAirbnbを利用した訪日旅行者が300万人を突破しています。

これに日本人利用者も足せば、かなりの利用者数となりますので、Airbnbを通した集客はかなり大事となってきます

 

 

今後も進化を続けるであろうAirbnbに目が離せませんね!

 

 

 

お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。

 


  • facebook
  • twitter

乗り換えキャンペーン中

アーカイブ

最強・最安値の『民泊Wi-Fi』

ブログランキング

ブログランキングに参加しました!
クリックしていただくと夢が広がります!!
ブログランキング

about民泊

pagetop