民泊ナビの

民泊blog

Airbnbを中心とした民泊のすべて教えます。

「ABCチェックイン」ページより   「リモート民泊」のサービス開発・運営を手掛ける株式会社チャプターエイトは、 チェックイン手続きをクラウドで行う新サービス「ABCチェックイン」の導入予約受付の開始をしました。   協議中の民泊新法では本人確認や宿泊名簿、外国語での説明などしなくてはなりませんが、これらを無人で行おうというものです。     民泊新法のチェックイン対応 民泊新法にてチェックイン関連で行わなくてはいけないものは以下となります。   本人確認 宿泊者名簿を備え、宿泊者の氏名・住所・職業・その他を記載 宿泊者に対し、注意事項や設備の使い方の説明(外国人なら外国語で)   これらを行うためには、対面で行うことが想定されていますが、これがかなり大変であるとされています。 今後、リモートでも対応できるのかについても議題に上がっていくでしょう。   マンションなどですと常駐ができ、対応も可能となりますが、常駐してない場合はなかなか宿泊者と時間通りに会うことが難しいのが現状です。 訪日旅行者に多いのですが、時間を指定しているのにその時間に現れなかったり、指定した時間より宿泊者が早く来てしまい、なぜかクレームにつながるという場合もあります。   そこで、今回のようなリモート対応のチェックインが効果を発揮するのです。     セルフチェックインができる『ABCチェックイン』 ABCチェックインの主な機能 5言語対応(日・英・簡・繁・韓) パスポート情報取得機能 本人認証機能 宿泊者台帳入力機能 ハウスマニュアル確認機能 事前決済 / 現地決済機能   これらを一挙に担ってくれるとなると、無人チェックインが可能ですね。 これが実現すれば、かなりホストの手助けとなります。   以下はABCチェックインにしかない特徴です。 ゲストがパスポート情報を登録するだけで宿泊者名簿を自動作成 Booking.com等のOTAサイトの事前決済機能 決済に連動した鍵番号の公開機能 ハウスマニュアルをゲストに周知徹底   3番の決済に連動した鍵番号の公開機能とありますが、 ABCチェックインと連携している構造計画研究所のRemoteLockまたは、リクルート社のiNORTH KEYを利用した場合となっております。   こういったスマートキー、スマートロックの連携も行えるとなると、フロント機能を一挙に行ってもらえるのでかなり良いのかもしれませんが、使ってみないとわかりませんね。   ABCチェックインの料金 初期導入費用 : 0円 月額利用料  : 2,980円(税込) 事前予約   : 初回2カ月無料 宿泊費の決済手数料 : 3.75%     これは使ってみる価値がありそうですね。 サービスはやはり最初は何が起こるかわからないため、安く設定されています。 その分、予期せぬ事態が起きる場合も考えられますので、こちらを頼りすぎてもしものことを考慮しておかないと大クレームにつながる可能性もありますので、注意が必要です。   ABCチェックインの利用 このサービスでは、以下のように利用していく。   民泊施設に到着したゲストはスマートフォンでQRコードを読み込む ↓ ↓ 多言語対応のチェックインページ上でパスポート画像の読み取りや宿泊者情報の入力 ↓ ↓ 内容は手続き時刻とともにクラウド宿泊者名簿に自動送信 ↓ ↓ ホストはリアルタイムに情報を確認可能     また、機能でも紹介したように、ハウスマニュアルの周知や、鍵の受け渡し(スマートロック)や決済がこれ一つで無人で可能となります。 予定では8中に公式リリースとなります。   現在は事前予約を受け付けている段階です。 質問や、事前予約は下記からできます。 ⇒ 民泊新法対応 ABCチェックイン事前予約ページ     おわりに こちらを運営するチャプターエイトはホスト業務を遠隔化する「リモート民泊」サービスを手掛けています。 2017年5月に第1弾である日本初の民泊向け無人物販スマホアプリ「Air Buy&Check(ABC)」をリリースしています。 民泊新法、特区民泊、簡易宿所向けゲストセルフチェックインサービス「ABCチェックイン」は第2弾のサービスですが、将来的には両サービスを統合し、民泊ホストの業務効率性を高めていくようです。 こちらの将来的なサービスも気になるところです。   民泊新法において運営する民泊は、年間営業日数が最大で180日という制限があるため、やりたくても採算が合わないという人が多くいます。 しかし、こういった大変労力のかかるフロント業務が無人で行えるとなりますと、民泊に対して後ろ向きだった方もこれならやれるかもとなるかもしれません。     こういったICTの活用によってホストの業務を効率化してくれるサービスは、これからどんどんと出てくることでしょう。 しかし、導入する際はしっかりと使い方を理解し、しっかりと期待する業務を行ってくれるかをテストしたり、いざという時のためのリスクヘッジをしておくことです。 機械ですので、壊れることもありますし、エラーすることもあり得ます。 何か起きた時に、お客様に対して、機械が壊れてしまって入れません。といっても通用しませんので、導入するとしても備えはしっかりと。   しかし、ああしてほしいがどんどん実現していく、便利な世の中ですね。       お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら  

  Webを中心とした人材紹介事業などを展開するダイバージェント株式会社は、日本初となるビジネスシーンに特化した民泊プラットフォーム「TripBiz(トリップビズ)」の開始を発表しました。   ゲストを日系企業のビジネスパーソンに限定し、観光客向け民泊で発生しがちなトラブルを最小限に抑え、より安心で安全な民泊経営をホストに提供する内容です。     収益強化とリスク回避が魅力 ビジネスパーソン向けの民泊「TripBiz」 TRIPBIZ HPより   「TripBiz」は2017年3月より 「TripBiz(トリップビズ)」は、2017年3月初旬から正式にサービズが開始される予定です。 現在はプレエントリーを受付けており、特設サイトや公式LINE@アカウントから詳細を確認することができます。   特設サイト ⇒ https://tripbiz.com/jp 公式LINE@アカウント ⇒ https://line.me/R/ti/p/%40qnt4910j   「TripBiz」の特徴 ゲスト    審査を通過した日本企業のビジネスパーソン 目的     出張や研修などのビジネスシーン 身分証明   ゲストである企業と宿泊者(氏名・所属部署など)の情報が得られる ホストの権利 ゲストの情報を見た上で、宿泊の受け入れを判断できる 交渉     企業側の担当者と対面してやりとりができる   従来の宿泊施設を使用する際は、ゲストの身分は自己申告のため、不確定な情報も少なくありませんでした。 しかし、「TripBiz」では、会社を通じてビジネスパーソンを受入れるため、信頼できる情報を得ることができます。   旅行を目的とした観光客の場合、個人を特定される心配が少なく、 さらに見知らぬ土地での開放感も作用するためか、 宿泊施設での傍若無人な振る舞いをとってしまう人も・・・。   特に民泊となると迷惑を被るのは近隣住民のため、民泊を排除したくなる気持ちが芽生えるわけです。   その点、「TripBiz」のゲストは会社員ですし、下手なことをすれば本人の評価はもちろん、会社全体の評判も落とすことになるため、社会通念から逸脱する行為が発生する可能性は少ないと考えられます。   ゲストのニーズに合わせた部屋づくりが大切 観光民泊との同一視は失敗のもと ビジネスシーンをメインにした民泊は、リスク回避だけでなく、収入の面においてもメリットがあります。 出張や研修は一定期間ごとに行なわれるため、企業単位のリピーターを確保できれば、安定した利益を期待できるのです。   企業からの選ばれる民泊施設になれるよう、 ビジネスシーンに欠かせないツール(Wi-Fiやプリンターなど)を優先して揃えなければいけません。   「TripBiz」では、部屋の設備やアメニティの状況を掲載してくれるため、 部屋をビジネスパーソン向きに充実させるほど、ゲストに選ばれやすくなるようです。   また、ゲストである企業や宿泊者が抱える、宿泊費の支払いに関する煩わしさを取り除く機能も備わっています。     ビジネス特化型民泊の需要と供給 一致させるには時間が必要 ダイバージェントは人材コンサルティング事業を展開しているため、 独自の営業ルートを用いてゲストとなる日系企業の数をある程度確保できる予想がつきます。   ただし、ホスト側にとって条件が良いため、始めの頃はゲストの数に対して提供施設が余る事態が発生するかもしれませんね。   そこは、ダイバージェントのノウハウと営業力で頑張ってもらいたいものですが、 ここ最近は宿泊施設不足の問題が如実に表れているので、時間と共に民泊を利用する企業も増加していくでしょう。   恩恵を受けられるのは一部の地域 万人向けの経営スタイルとはいえない とても魅力を感じるプラットフォームですが、利益が出せる地域は限られるかもしれません。   出張や研修が発生しやすい地域、たとえば東京や大阪、福岡などの都市や、企業の本社や工場が多い愛知など、 ビジネスパーソンが集中する場所でないとビジネス特化型民泊は難しいでしょうね。   また、どんなに設備が揃って居心地がよくても、交通の便が良くないと不利です。 観光目的であれば、どんなに不便な場所でも需要があったりしますが、ビジネス特化型民泊はいかがなものかと。     ただ、いくら交通の便が良くても、長期間ホテルに滞在することは想像以上にストレスになります。   実際に経験したことがあるのですが、常にスリッパか靴を履いていないといけない、毎食外食で体重が増える、 洗濯もできない(週末にまとめて家へ持ち帰る)、照明が暗くて作業ができない、他にも色々と不満がありました。   始めは楽しいホテル暮らしですが、日数が経過するほどに居心地の良い我が家が恋しくなります。   やはり、民泊最大のアピールポイントは、自宅と近い感覚でリラックスできる環境を提供できることです。 出張や研修でホテル暮らしの経験がある人ならば、きっと民泊の価値を理解してくれるでしょう。   民泊の全国解禁に向けて、立地や地域性を考慮しながら、 ビジネス特化型民泊が成立するか判断してみてもいいかもしれませんね。       お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら  

  東急グループのイッツ・コミュニケーションズ株式会社は、スマートライフ事業を展開するConnected Design株式会社と共に、 Iotを活用した民泊事業者向けのサービスを開始しました。 インターネットを経由して民泊運営の効率化を支援し、鍵のスマートロック化などをはじめ、民泊施設のセキュリティと利便性を高める内容です。   Iotサービスと管理システムがひとつに 民泊運営の手間を省く 各社が民泊の効率化を図るために提供するサービスは以下の通りです。   ■ インテリジェントホーム イッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)では、個人向けサービスとして「インテリジェントホーム」を提供しています。 「インテリジェントホーム」は、利用者のライフスタイルに合わせてIotデバイスを組み合わせることが可能です。   今回提供するサービスでは、スマートロック(電子錠)とIPカメラを民泊施設の各部屋に設置し、 鍵の受け渡しが不要な環境を整え、防犯対策をより強化する支援をおこないます。   ■ Connected Portal こちらを提供するのが、Connected Design(コネクティッドデザイン)はイッツコム、ニフティ、東急電鉄の3社が出資して誕生した、Iot事業全般を手がける新しい会社です。 各社の培ったノウハウをもとに、Iotデバイスを一元管理できるシステム「Connected Portal」を提供します。     2社合同で行う民泊支援サービス インテリジェントホームで提供しているIoT機器のスマートロック、IPカメラを設置します。 ゲストから民泊事業者に予約が入り、Connected Portalを通じてゲストの携帯電話に期限付きで使用できる鍵メールを送ります。 また、開閉が可能になる暗証番号の発行や、IPカメラを使った入退室の確認など、 インターネットを経由して無駄な労力やコストをカットできるシステムは大きな魅力です。 多くの電子機器と繋ぎ、ネット経由でON/OFFや不正管理などなどコントロール可能となります。     昨年の8月に沖縄で3ヶ月間の実証実験をおこない、実際の利用者の声や様子を踏まえてシステムを改善し、 より利便性を高めた民泊支援サービスとして提供を開始したようです。   実証実験をおこなった沖縄県内では、2018年の春までに1000戸の導入が予定されています。   また、2017年2月1日から東京や京都でも本格導入が決定されており、その後も順次全国展開される予定です。     注目のスマートロック 民泊における鍵問題を解決か 民泊における鍵の受け渡しは、他の宿泊施設と比較すると少々特殊です。 オーナーや管理者がゲストの宿泊当日に直接対面し、鍵を手渡さなくてはなりません。   民泊はホテルや旅館とは違い、24時間受付でゲストを待っているわけではないため、 少しでもタイミングがずれると、鍵の受け渡しが困難になり、部屋の使用が危うくなる場合もあります。   また、ゲストが鍵をなくしたり、無断で複製したりすることも考えられるため、 鍵の取り扱いについては、民泊の運営をする上で慎重にならざるをえませんでした。   従来使用されている鍵で想定される問題 鍵の受け渡し → ゲストが約束の時間に来ない → 待ちぼうけ    = 時間の無駄 鍵の受け渡し → ゲストが鍵を紛失 → 夜中でも呼び出される    = オーナーや管理者の負担増 鍵の受け渡し → ゲストが鍵を複製 → ゲストor第三者に悪用される = 責任を問われ、民泊運営が困難に   ゲストが変わるごとに鍵を取り替えるわけにはいきません。 たとえ頻繁に鍵を取り替えられたとしても、ドア事態に負担がかかるため、鍵とドアの全面取り替えになる場合も考えられます。     今回取り上げた新サービスは、主にエントランスがあるような民泊施設をメインに考えられているようですが、 様々な事情を抱える鍵問題を解決し、効率よく民泊運営をしたいのであれば、 個人規模の民泊においても、便利で賢いIotの導入を検討してみてもいいかもしれませんね。   余裕を持った民泊運営をするためにも、すべてひとりで背負い込まず、 最先端のIot機器に力をかりながら、日本のテクノロジーを感じる民泊施設を目指しましょう!   ただ、民泊新法の鍵の受け渡しや、対面説明の必要性なども検討中ですので、全自動とは行かず誰かしらが対応しなくてはならない可能性がありますので、そちらの点は頭の片隅に。       お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら  

    民泊関連サービスを提供するVSbiasは、複数の民泊仲介サイトの物件を一括管理できる「AllinBnB」のβ版をリリース、無料提供を始めました。   複数サイトに分散した民泊運営を一元化することにより、手間なく業務の効率化や物件稼働率を高めることができるサービスです。   新たな民泊ツールとなるか? AllinBnBの魅力 メタップス プレスリリースより   1.リスティング登録 AllinBnBの連携サイトに自動で物件情報を登録することができます。   2.予約管理(β版にて提供) 複数サイトに渡る予約状況の確認が可能、宿泊予定が自動更新されるため、予約の重複などを予防することもできます。   3.メッセージ管理 定型メッセージを自動送信できるなど、分散されたメッセージをまとめて管理することにより、 返信忘れや返信漏れを防ぐことができます。   4.清掃手配 チェックアウト後に必要な掃除の発注も自動化、AllinBnBと提携している清掃業者が対応します。   5.収益改善 独自のビッグデータを活用し、自動で価格設定を見直すことができます。 また、料金設定や割引率などの適用も、まとめて複数サイトへ反映させることが可能です。   6.収益レポート 収支に関する情報を自動集計したレポートを作成してくれます。 初期コストを入力すると、投資回収期間の予測を立てられるようになります。   今後の民泊運営を左右 一元管理化が収益向上を実現する 今年に入り、物件の稼働率や宿泊単価が下がってしまう事例が発生、民泊によるゲストの取合いが目立ち始めました。 そのため、収益を上げるためにも、複数の民泊仲介サイトに登録するホストが増加しています。   たしかに、複数のサイトに登録することにより、物件がゲストの目にとまる機会は増えますが、 登録サイトごとに対応していては、とても効率的とはいえません。   そこでホストの負担を軽減すべく誕生したのが、今回の民泊収益化サービス「AllinBnB」というわけです。     ビジネスの手を広げるほど、どれだけ無駄を省くかが重要になります。 コスト同様、手間をかける時間は、収益に見合うものでなくてはなりません。   特に個人で民泊を経営するのであれば、考えることもやることも沢山あります。 様々な業務を自動で手配してくれる一元化サービスは、多忙なホストにとって頼れる存在になりそうです!       お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら

Photosynth プレスリリースより     スマートロック『Akerun』を提供するIoT企業の株式会社フォトシンスは、 2016年11月9日より、事業者向けサービス『Akerunオンライン鍵管理システム』のAPIである『Akerun API(β版)』を公開しました。 さらに、こちらにともない開発者向けサイト『Akerun Developers』を開設し、3か月無料モニターキャンペーンを実施しています。     Akerun API(β版) 『Akerun API(β版)』を活用することで、『Akerunオンライン鍵管理システム』の入退室履歴を用いた機能連携が可能になります。 こうすることで、業務の効率化、利便性の向上が見込まれます。また、将来的に入退室履歴以外の情報の提供も予定しているとのことです。   【API連携による活用例】 自社で導入しているシステムやサービスに『Akerunオンライン鍵管理システム』の入退室履歴を活用した連携が可能になります。 以下が活用例となります。   社内勤怠管理システムと連動 その日の初出社/最終退社があったとき管理者へメール通知 会議室に利用者が入室したら社内のチャットツールに投稿 日付最初の入室時に電気が点く、日付最後の退室時に電気が消える   こういった連携により、色んな使い方ができそうです。 ただの鍵管理としてだけに収まらない、まさにIoTと言える代物ですね。法人の方にはもってこいです。     Akerunオンライン鍵管理システムとは Photosynth プレスリリースより   『Akerunオンライン鍵管理システム』は、物理的な鍵を使わずに、Web管理画面やスマートフォンアプリによって鍵権限の発行・削除を行うことができ、遠隔・クラウドでの鍵管理・履歴管理を実現します。   権限を持つユーザーはスマートフォンアプリや、登録したICカードを使って「Akerun Pro」の施錠・解錠ができます。また、専用のWeb管理画面「Akerun Manager」では権限の一括管理や遠隔での状態確認・操作ができます。 さらに、公開されているAPIを活用することにより機能のカスタマイズも可能です。スマートロックロボット「Akerun Pro」、「NFC Reader」、「ドアセンサー」、「Akerun Remote」がキットに含まれています。   NFCリーダーはFeliCaやMIFAREに対応し、アカウントを持つユーザーが普段使っている交通系ICカードなどで「Akerun Pro」の施錠・開錠をおこなうことができます。 iPhone7がFeliCaに対応したことで、こちらでも可能です。     『Akerun Developers』概要 「Akerun Developers」トップページより   『Akerun Developers』では開発者向け情報が公開されており、開発について質問したり回答を得たりすることができます。 『Akerun Developers』→ https://photosynth-inc.github.io/   ・Getting Started → Akerun API利用についての説明 ・ブログ → エンジニア達が技術情報を発信していくブログ ・サポート → Stack Overflow JP(プログラミングに関するQ&A)にて質問する際の注意点     Akerun API 無料モニターキャンペーン 『Akerun API(β版)』を使った新しいIoTツール/サービスの創出、Akerun APIの改善を目的としたモニターキャンペーンを実施しています。 キャンペーンに応募して「Akerun Pro Starter Kit」を用いた「Akerunオンライン鍵管理システム」および「Akerun API(β版)」を3ヶ月無料でお試しいただけます。 「Akerun API(β版)」を使ったワクワクするようなアイデアを募集とのこと。   モニターキャンペーンお申込み → https://akerun.com/dev/campaign/monitor2016/     スマートロック『Akerun』は開発にかなり力を入れていますね。 IoTの範囲もかなり広がってきています。どこまで連携が可能となっていくのでしょうか。 法人のエンジニア対象にサービス制作を募集するということで、大規模になっていきそうです。面白そうなアイデアが出てきそうで楽しみですね。IoTは夢が広がります。   民泊に限らず、様々な会社、家で活躍しそうですね。           お困りの方・質問等、お気軽にご連絡下さい。 お問い合わせはこちら

コンシェルジュ・サービス

最安値のWi-Fi 個人利用にも最適

ブログランキング

ブログランキングに参加しました!
クリックしていただくと夢が広がります!!
ブログランキング

女子旅・グループ旅行に公認民泊

about民泊

pagetop