【民泊最前線 第2回】民泊営業と消防法

コラム

2016/02/09


FIre Fighters

現役の行政書士(藤野慶和先生(東京都大田区))に、記事の寄稿をしていただきました♪

日本中の民泊関連業者が様子を見守る”大田区”を中心に活動されている先生ですので、

民泊最前線の記事が読めますよ!!  この機会に是非RSS登録して下さい♪

 

今回は、民泊営業と消防法の関係をお話したいと思います。

 

なぜ「消防法」?と思うかもしれませんが、先日、特区民泊が大田区でスタートしましたが、この特区民泊認定において、消防法が非常に重要なポイントとなってくるからです。

 

それはどういうことかといいますと、特区民泊の申請を受けるためには、「消防法令で義務付けられている設備等が設置されていること」ということが要件となっているからです。

 

具体的には、申請者は、管轄の消防署に確認を受けることとなり、その結果について、消防署から適合通知書をもらう必要があります。

 

ここで、消防法の話しをしましたが、消防法には、防火対象物という定義があります。これは、不特定多数の人に利用される建造物等のことで、宿泊施設であろうがマンションであろうが、どちらにしても大くくりでは、防火対象物に当たります。面白いことに、船もそうです。

 

この防火対象物なのですが、特定防火対象物非特定防火対象物とに別れます。

 

普通の戸建て住宅やマンション(共同住宅)は「非特定」、旅館や病院、学校などは、多数の者が出入りする施設として「特定」という分類になります。

 

これはどういうことかというと、「非特定」に分類された施設は、消防法の制約をあまり受けません。

対して、「特定」については、消防用設備等の設置の義務付けを規定した「消防法第17条第1項の政令で定める防火対象物」ということになり、消防法上の制約を強く受けます。

消防法上の規制 具体例
非特定防火対象物 通常(ただし規模が大きくなると厳しい) 共同住宅、事務所、下宿、倉庫等
特定防火対象物 厳しい 旅館、ホテル、百貨店、飲食店、カラオケボックス等

具体的には、同じマンションでも、非特定である共同住宅としての使用であれば、火災警報器はホームセンターで売っている住宅用火災警報器で十分です。

それでもマンションには全室に設置が義務付けられていますが、まあ、音が出ればいいというもので、熱や煙を感知して、火災警報器そのものから音が出るというものです。

図1しかも安いものは警報器単体でしか音が出ません(価格の高いものは他の警報器と連動するものもあるのですが)。

 

対して、ホテルや旅館として使用するとなると「特定防火対象物」となり、消防法17条に規定される「自動火災報知設備」の設置が必要となってきます。

 

自動火災報知設備とは、全ての感知を行う部分から、全ての警報を行う部分へと火災信号を送ることができる総合的な感知警報装置で、つまり、1箇所で火災が発生した場合、全警報システムに信号を発信して警報を発することができるものです。

 

ちょっと子供のころを思い出してみてください。小学校で、火災報知機をいたずらしたことがありませんか?そうしたら、学校中に警報が鳴り響きませんでしたか?

図11

つまり、ホテルのどこかの部屋が火事になったら、全館で非常ベルが鳴り響くのはこうした理由があるからなのです。消防関係者の間では、「自火報(じかほう)」と呼ばれていますね。ちなみに、自動的に消防に通報するというわけではないのですが。

 

さて、民泊施設は、見かけは共同住宅や戸建住宅であっても、消防法上の分類は、そうとは限りません。

ということは、民泊営業を特区民泊や簡易宿所に即して行うこととする場合、「特定防火対象物」の基準を視野に入れる必要が出てくると思います。

 

消防法上の規制は、防火管理者の設置基準、点検など、細かい点はいろいろありますが、設備を設置する費用や手間を勘案すると、特に「自動火災報知設備」に着目していただきたいと思います。

 

大田区特区民泊の場合は、特に、区分所有建物(分譲マンション)の一室で民泊を行う場合、マンション全体が消防法の基準を満たしている必要があるということが前提となっています。

 

いずれにしても、宿泊者の安全が第一ですから、民泊事業者は、施設の安全を意識して運営してほしいと願います。

 

【民泊ナビコメント】

消防法一つ取ってみても、様々な決まりがありますね。

様々な制約が多くてやっぱり民泊やめた。とならないように、安全と利便性を天秤にかけながら法整備進むことを切に願います!

 

 

執筆者 ふじの行政書士事務所 行政書士 藤野慶和(東京都大田区)

事務所ホームページにも民泊に関するブログを多数掲載中です。


  • facebook
  • twitter

コンシェルジュ・サービス

最安値のWi-Fi 個人利用にも最適

ブログランキング

ブログランキングに参加しました!
クリックしていただくと夢が広がります!!
ブログランキング

女子旅・グループ旅行に公認民泊

about民泊

pagetop