Airbnbをホストとして登録してみよう|物件を掲載しよう

物件登録(リスティング)しよう!その2

物件登録(リスティング)その1 はこちらをクリック

Strip Suite Bath Amenities - Planet Hollywood Hotel & Casino

 

前回の続きとなります。

物件登録(リスティング)その2の内容は6つです。

  1. アメニティ・設備設定
  2. 写真のアップロード
  3. ホーム・セーフティ設定
  4. 宿泊料金設定
  5. 予約方法設定
  6. カレンダー設定

 

1.アメニティ・設備設定(5/10)

アメニティ・設備がズラッとならんでいますので、貸し出す部屋にあるものにチェックを入れましょう。

こちら有無によって検索をかける方もいますので、チェック漏れのないように。

必需品とはなんだ?となりましたら、『?』をクリックすれば詳細が現れますのでご安心を。

01_アメニティ

こちらの項目は検索条件で絞れるものです。

検索に引っかかるためにも、現状のリスティングにないものは改めてアメニティ・設備を追加してもよいでしょう。

 

2.写真のアップロード(6/10)

02_写真photo credit: Day One via photopin (license)

 

最も大切な要素といっても過言ではない写真をアップロードします。

 

もちろん、場所や料金なども重要ですが、その区域で検索していて検索画面からクリックされるには【写真】というのはかなり大事です。TOP写真がよくなければ検索画面上でスルーされてしまいます。

まずは写真を見て判断する人は多いでしょう。 その【写真】からある程度の予想を付けますのでTOP写真はとりわけいいものを。

02_写真

『写真を追加』をクリックして写真を追加しましょう。

後ほどAirbnbのプロのカメラマンに写真撮影の申し込みが出来ます。

『集客アップ』 Airbnbの専属カメラマンに無料で撮影依頼する方法はこちらから

 

今は暫定で載せる写真をアップしましょう。

03_写真掲載

アップしましたらそれぞれにコメントがつけれますのでつけてみましょう。

 

例 : 『落ち着いた雰囲気と素敵な夜景』 『リラックスできるバスタイム』 などなど

部屋の写真だけでなく、外観やアメニティなどなど、周りの施設等も載せてもいいですね。

 

3.ホーム・セーフティ設定(7/10)

Safe (Takoma Park, MD)

こちら【ホーム・セーフティ設定】は2015年9月に導入されたものです。

Airbnbは安全第一として、ゲストに安全で快適な宿泊を提供するために2つの新プログラムを導入しました。

⇒  Airbnbより 『ホーム・セーフティ』プログラムのご案内

 

《1つ目》 煙・一酸化炭素検知器のご提供

いわゆる火災警報器と呼ばれるものです。専門家も言うように、お家の安全対策で一番重要なもののひとつが、この煙・一酸化炭素検知器の設置です。

~ 中略 ~

より多くのホストに設置していただくにはどうしたらいいのか? 考えた末に辿り着いたのが、本日より世界中のAirbnbホストを対象にスタートする煙・一酸化炭素検知器購入プログラムです。

このプログラムを使えば、サイトで簡単に探知器を購入することができます。購入価格はリスティング所在地によって多少バラつきがありますが、平均すると約$40(約4,800円)程度。

費用は次回以降の予約受取金から徐々に支払っていただくかたちですので、負担も軽いのではないかと思います。

 

《2つ目》 「防災カード」機能

ゲストに安全対策の基本情報を渡しておけば、より安全に旅ができます。

 

これからはホスト用ダッシュボードの「リスティングを管理」の欄で「ホーム・セーフティ」というタブを開くと「防災カード」が出てくるようになりました。

そこにオンラインで情報を記入すれば、それだけでゲストに大事な情報をシェアできるようになります。

記入できるのは消防・警察・救急の緊急通報ダイヤル、消火器・警報ボタンの設置場所、非常用出口と避難ルートなど、ホストがゲストに教えておくべき重要な情報です。

 

素晴らしいですね。ホストにもゲストにもホスピタリティの精神があります。

安心・安全を目指す上で欠かせないことですので導入、設定をしましょう。

04_ホームセーフティ

【印刷した防災カード】から【プレビュー&印刷】をクリックして、1部刷り出して家の中の目立つところに貼っておきましょう。

 

4.宿泊料金設定(8/10)

1泊の宿泊料金を設定します。

こちらはデフォルトとなりますので、後ほど1日単位で料金の変更が出来ますのでご安心を。

05_宿泊料金

 

料金設定右側に料金のヒントが表示されていますが、あまり参考になりませんので、周りのリスティングの料金や、掲載するリスティングのグレードによって決めましょう。

通貨は『JPY』(日本円)で大丈夫です。ゲストの設定通貨によって自動的に変更されますので。

 

最初はレビューがない状態からのスタートとなりますので、最終的に設定したい料金よりも安い金額を設定しましょう。

 

5.予約方法設定(9/10)

予約の受付方法を2つから選択します。

06_予約方法

  • リクエストを1件1件審査(予約リクエスト)
  • ゲストが即予約するパターン(今すぐ予約)

こちらの2つですが、メリット、デメリットがあります。

 


予約リクエストのメリット

ホスト : 1件1件審査が出来る。

ゲスト : 色んな質問を前もって出来るし、値段交渉も出来る。

 

予約リクエストのデメリット

ホスト : 問い合わせが多く来た場合大変。24時間以内に返さなくてはいけないし、遅いと他のリスティングへ流れる。

ゲスト : 承認されない限り予約できないので面倒で時間がかかる。


 

今すぐ予約のメリット

ホスト : 煩わしいやりとりがない。『今すぐ予約』で絞り込み検索に引っかかるため予約率が上がる可能性がある。

ゲスト : 煩わしいやりとりがない。時間短縮でき、宿がすぐに決められる。

 

今すぐ予約のデメリット

ホスト : カレンダー管理ミスで空き日や低価格にしていた場合その日付、料金で宿泊させなくてはいけない。

ゲスト : 間違えて予約してしまうことも。


 

 

※ 注意 

一度予約が確定されたものをホスト側が『キャンセル』すると大きなペナルティが課せられます。

  • キャンセル料の支払い
  • 「予約がキャンセルされました」というレビューが自動投稿
  • カレンダーで日付けをブロック(予約不可日に設定)
  • スーパーホストのステータス認定資格喪失  キャンセルしてから1年間獲得資格を失う

Airbnbより 『キャンセルのペナルティの仕組みは?』

 

『今すぐ予約』の場合ゲスト範囲の絞り機能があります。
誰でもOK、他のホストが『高評価』のレビューがあるゲストだけに絞るなどの設定が可能です。

07_今すぐ予約

 

ホスト初心者の方は『予約リクエスト』にしましょう。

慣れてきて、カレンダーの使い方がわかってきたら『今すぐ予約』にしていきましょう。

一度の失敗がかなりの大ダメージとなりますので『今すぐ予約』にするときは細心の注意を払いましょう。

 

【ハウスルール】は任意項目ですので、他の記事にて説明いたします。

 

6.カレンダー設定(10/10)

長かったですが、最後の項目設定です。

08_カレンダー設定

カレンダー設定は後で簡単に変更することが出来ますが、まずは一つ選択しましょう。

公開してもその日からスタートではなく、その翌日から予約がスタートします。

なんとなく怖いようなら『時々利用可』を選びましょう。

  • いつでも : いつでも宿泊予約を受付
  • ときどき : 利用可能日と不可日を決めて受付
  • 1回限り : ある一定の期間のみ受付

 

08_カレンダー設定2

 

セキュリティーチェックがあります。

電話番号で認証をしましょう。

09_セキュリティチェック

 

認証できましたら一通り完了です。

『お部屋を掲載』ボタンをクリックしましょう。

10_認証

 

これで掲載当日の翌日から予約受付開始となります。

11_完了

 

 

リスティング登録は完成となり、予約受付可能となりましたが、まだまだ大まかな設定をしただけとなります。

更なる詳細設定をして完璧にしましょう!!

 

もしリスティング登録にお困りの方は、お気軽にご連絡下さい。

  • facebook
  • twitter
民泊blog

pagetop