Airbnbをホストとして登録してみよう|物件を掲載しよう

更なる詳細設定をしてゲスト受入態勢を完璧にしよう!その1

E8 detail

 

リスティング登録の流れを違う記事にて説明しました。

⇒ 物件登録(リスティング)しよう!その1 はこちらをクリック

⇒ 物件登録(リスティング)しよう!その2 はこちらをクリック

 

このページでは更なる詳細な設定をしていきます。

ゲストの流れに沿ってひとつひとつ設定していきましょう。

 

大きく分けると以下の4つをそれぞれ設定していきますが、ここではその中の2つを紹介していきます。

  • お部屋紹介に関しての詳細設定
  • 様々な料金の詳細設定
  • 予約受付に関しての詳細設定
  • 予約確定後に関しての詳細設定

 

1.お部屋紹介に関しての詳細設定

まだまだ今の情報だけでは情報が少なすぎて、ゲストは『?』がたくさん出てきてしまいます。

また、最初の設定では【日本語】でしか設定していないため外国人対応出来ていませんのでそちらも設定していきましょう。

 

①お部屋紹介の言語追加設定

Airbnbを利用して泊まりに来るゲストは日本人もいますが、多くは訪日外国人の方です。ですから、日本語だけで紹介していたら訪日されるゲストは見てもちんぷんかんぷんです。予約候補から外れるでしょう。

ほかの言語を追加することで、お部屋の紹介を追加した言語で見ることが出来ます。これで予約候補にあがることが出来ます。

 

では、ほかの言語を追加していきましょう。

 

ホストメニューから【リスティングの管理】をクリックすると以下の画面が表示されます。

02_リスティング管理画面

こちらの【リスティング&カレンダーを管理】をクリックしましょう。

 

そこから左メニューにある【お部屋の紹介】をクリックしましょう。

03_お部屋の紹介

この画面の右上にある【+ほかの言語を追加】をクリックしましょう。

 

【言語を選択してください…】をクリックし、『English』を選び、【追加】をクリックしましょう。

04_言語追加

 

以下のようにEnglishのページが追加されます。

04_言語追加3

英語Verでお部屋の紹介をしましょう。

 


 

※ 注意

では世界中のゲストを受け入れたいがために、多くの言語で紹介しておこう。 これは注意してください。

中国語で紹介していたらゲストは『中国語対応しているんだな』と思い、中国語でホストに連絡をしてきます。

実際中国語が対応出来ないのにこの設定をすると、それに返答対応するために中国語を調べて対応しなくてはいけなくなり、大変時間を取られますし、トラブルの元です。

⇒ 自分が対応できる言語を追加するようにしましょう。 英語は追加しましょう。

 

②お部屋紹介の詳細設定

お部屋の更なる紹介をしていきましょう。

左メニューからゲストの必読より【詳細】をクリックしましょう。

 

05_お部屋紹介詳細5

様々なゲストに対しての補足説明を設定することが出来ます。

それぞれ必要なものを記載していきましょう。

また、英語Verも忘れずに設定していきましょう。

 

《旅行》

  • スペース : お部屋の細かな補足情報を記載
  • ゲストの立入り範囲 : ゲストが入ってOK、ダメなスペースを記載
  • ゲストとの交流 : ゲストが交流をしてもよいなら交流する内容を記載
  • その他の特記事項 : その他に記載しておきたいことがあれば記載
  • ハウスルール : 滞在中に気をつけてほしいこと、してはいけないことを記載

《ご近所》

  • 概要 : 家の近隣にはどんなお店やスポットがあるのか、そこまでの移動時間を記載
  • 移動の足 : 最寄駅(全路線名も記載)やバス停からの時間、空港・人気エリアまでの移動時間の目安を記載

 


※ 注意 ⇒ 嘘は書かない!! そして、隠し事もしない!! トラブルの元です
 徒歩10分の所を7分とかにしない。9分ならまだ大丈夫です。 盛らない事です。 誇大広告はレビューに響きます。

 

《書いた方が良いもの》

■ ベッドの種類とサイズ ⇒ 結構気にしている

■ 家電一覧(冷蔵庫は冷凍庫付きか等も)

■ アメニティ一覧(細かく)

■ 洗濯機関連の物一覧

■ 何人までが快適に過ごせる人数か

■ こんなサービスをしています等々

 

Airbnbからアドバイスがあります。

ご参考までに人気アイテムを以下に書き出しておきます。これは特に詳しく書いておくと効果的です。ゲストも到着したときの安心感が違います。

  • インターネット:  ネット接続環境の有無。「インターネット」と「ワイヤレス・インターネット」の2項目にわかれていますので、ケーブル差し込んで繋ぐタイプは前者、ケーブル差し込まなくても繋がるWiFiは後者という風に正しい方を選んでください。予約が確定したゲストには接続手順とパスワードも忘れずに伝えましょう。
  • 台所用品:   ゲストが自炊する際、お皿、お鍋、フォークやスプーンなどの食器、調理油や塩などの調味料は使えるのかどうか。
  • 駐車場:   周辺が駐車しづらい場所なら、そのことも警告するか、近隣駐車場の情報を書いておきましょう。
  • タオルやシーツ類:   タオルやシーツ類は備え付け? それとも持参?
  • 暖房&エアコン:   空調設備の有無。ヒーター、扇風機、エアコンがあるなら、そう明記しましょう。正常に作動することも要点検。
  • テレビ:   お部屋にテレビがあるかないか。
  • 洗面用具:   ヘアドライヤー、石鹸、シャンプーの有無。前もって伝えた方が、荷物も軽くなって喜ばれます。
 Airbnb より

こちらも参考に設定しましょう。

 

 

2.様々な料金の詳細設定

【リスティング&カレンダーを管理】をクリックして左メニューからホスティングの【料金】をクリックしましょう。

06_料金設定

料金ひとつとってもたくさんあります。

  • 長期滞在料金
  • 清掃料金
  • 追加人数の料金
  • 保証金
  • 週末料金

これを設定しておかなくては売上を最大限に出来る可能性を捨ててしまいます。それどころか損してしまいますのでしっかりと

設定しておきましょう。

 

① 長期滞在料金設定

こちらは長期滞在してくれるゲストに対しての割引設定となります。

長期休暇を使って来ることもある訪日外国人の方はいらっしゃいますので、設定しておくのもありでしょう。

07_長期滞在料金2

 

こちらの2つが設定できます。

  • 週の割引率
  • 月の割引率

カレンダーにて日によって料金を変えるかと思いますが、その変えてある料金から割引してくれますので便利な機能です。積極的に使っていきましょう。

特定の週や月だけをカスタム料金で設定もすることが出来ます。試してみてください。

 

② 清掃料金設定

【清掃料金】のチェック欄にチェックを入れましょう。

そうすると、1回分の清掃料金が設定出来るようになります。08_清掃料金

ホテルでは毎日シーツやタオルの交換、清掃等を行ってくれますが、その分値段が高くなります。

 

しかしAirbnbの清掃ですが、ゲストが滞在している間は清掃に入りません。部屋ごと貸しているためです。個室、シェアルームなどで、ホストと一緒に宿泊する場合や、ゲストが長期滞在している場合の清掃はホストによりけりとなりますが。

基本的にはゲストがチェックアウト後に清掃に入るかたちになりますので、1回の滞在につき1回の清掃となります。

 

ですので、その1回分の清掃料金を設定するのですが、立地や部屋の広さ、グレードなどによって変えましょう。

 

★ 参考までに目安の清掃料金です。

 

1R : 1,500円 ~ 3,000円

1DK : 3,000円 ~ 4,000円

2DK・2LDK : 4,000円 ~ 5,000円

3DK・3LDK : 5,000円 ~ 6,000円

4DK ~ : 6,000円 ~

 

近隣の同じようなリスティング等を参考にしましょう。

こちらいつでも変更することが出来ます。

 

③ 追加人数の料金設定

【追加人数の料金】のチェック欄にチェックを入れましょう。

そうすると、追加料金と何人を超えたら追加料金の対象となるかを設定出来るようになります。

09_追加人数の料金

 

以下のように、日本のホテルでは『1人あたり12,000円』といったように、『1人あたり』 で追加されていきます。

09_追加人数の料金2

 

しかし、Airbnbでは『1部屋あたり12,000円』といったように、『1部屋あたり』 で計算されます。

2人でも4人でも宿泊しても『12,000円』です。1人あたりに換算すると、2人の場合『1人あたり6,000円』、4人の場合『1人あたり3,000円』というように人数が増える毎に、1人あたりの料金が安くなります。これがAirbnbの醍醐味の一つでもあります。

 

★ 追加料金について例を挙げてみましょう。

《例》  1泊の料金 : 10,000円 の部屋を 5名 で 2泊 した場合

追加人数の料金設定 ⇒ 料金 : 1,500円   設定人数 : 2

【設定人数】は2なので、2人を超えた場合、つまり『3人目以降が宿泊した場合、1人あたり1,500円追加』となります。

 

よって、 {10,000円 + (1,500円 × 3人)} × 2泊 = 29,000円

 

支払は 29,000円 + 清掃費 + サービス料(Airbnbへ支払) というようになります。

 

設定する際は近隣の同じようなリスティング等を参考にしましょう。

こちらもいつでも変更することが出来ます。

 


※ 一口メモ

【追加人数の料金】については2つの選択肢があります。もちろん中間でもよいです。

  1. ベース料金は安めにして、追加ゲストの料金を上げる
  2. ベース料金を高めにして、例えば4人目以降から料金を発生させる

 

多くの方は前者の方を選んでいます。なぜか。

検索の際、金額でフィルターをかけていた場合、ベース料金が安い方がヒットしやすいですし、候補にあがりやすいからです。

しかし、【今すぐ予約】で受入を行う場合、4、5人想定なのに1人で予約してきますと売上が低くなってしまいます。

後者の場合は逆に【今すぐ予約】が使いやすくなります。ですがベース料金が割高なため候補にあがりにくくなるといった問題があります。

 

あまり大きい物件でないなら前者を選ぶ方が良いかと思います。

しかし、あまり安いベース料金設定をするとゲストの質が下がる傾向も否めませんのでご注意ください。

 

 

④ 保証金設定

【保証金】のチェック欄にチェックを入れましょう。

そうすると、損害があった時の保証金を設定出来るようになります。

10_保証金

そもそもこの【保証金】とはどういったものなのでしょうか。

Airbnbに説明があります。

絨毯にワインをこぼしてしまった、窓を割ってしまった、鍵を戻しそびれてしまった――そんな滞在中の予期せぬ災難から守ってくれるのが保証金です。

Airbnbで保証金をご利用になるには、ホストは予約手続きが行われる前にリスティングに保証金を追加しておく必要があります。

Airbnbサイト外で保証金を取り扱うことは、当社の利用規約に反するため禁止されています。

ホストが保証金による補償請求が行えるのは、ゲストのチェックアウト日から48時間以内です。

 

Airbnb より

 

この【保証金】が必要な場合はこちらで料金設定します。何かありましたらこの金額から補填する形となります。

この金額の範囲であれば、基本的に相手に身に覚えがあればスムーズに支払われます。ゲストとホストが直接やり取りをして、いくらになるのかを話し合います。この時ゲストとホストの話し合いで解決しなかった、平衡状態となった場合、またはこの保証金以上の場合はAirbnbが仲裁に入ることになります。

 

保証金を設定していない、保証金を超えてしまう等でAirbnbが仲裁に入ると話がややこしくなり大事になりますので、ある程度は設定していた方がよいでしょう。できれば壊れてまずいものはおかないようにすること。また、多少壊れたりしても諦める覚悟でいましょう。

 

この金額は、人それぞれになるため、いくらにすればよいというものはありません。高級なものがある場合は必然的に高くなります。Wi-Fiを紛失・故障されたことを想定して、2万円としている方もいます。

 

ちなみにこの保証金ですが、ゲストは予約時に支払うわけではありません。

チェックアウト後にホストから補償請求があり、支払が確定した段階で支払うお金となりますので、何もなければ、もしくはホストが請求しなければ払うことはありません。

 

★ 保証に関してはホスト保証や補償保険といった似た名前のものもあります。まとめてありますので、参考にしてください。

⇒ 『いざという時に困らないために、保証について理解しよう』 はこちらをクリック

 

 

⑤ 週末料金設定

【週末料金】のチェック欄にチェックを入れましょう。

そうすると、ベース料金とは別に週末料金を設定出来るようになります。

11_週末料金

 

週末は休みの方が多かったり、イベントや祭り事等も週末に行われる事が多いので、そちらに合わせて国内外問わず、全体的に旅行者が増えます。

そのため、【週末料金】を設定することで売上を通常より上げることが可能です。

 

ここでいう 『週末』 とは、Airbnbでは 『金曜日』 と 『土曜日』 を指しています。

ここで設定した【週末料金】は全ての『金曜日』と『土曜日』に自動的に反映されます。

 

 

効率よく売上を上げていくには閑散期や繁忙期、イベントやお祭り事、社会情勢等によって細かく料金設定をした方がよいです。

その際、【カスタム料金】を設定するかと思いますが、【週末料金】と【カスタム料金】の設定の影響についてAirbnbで説明がありますので参考にしてください。

週末料金を設定すると、カレンダーの金・土の1泊料金はすべて週末料金に変わります。

ボックスのチェックを外せば、いつでも週末料金は解除できます。週末料金をOFFにすると、金・土の夜も1泊あたりの基本料金に戻ります。

週末料金をONにした後で金曜や土曜にカスタム料金を設定した場合には、後からきたカスタム料金が週末料金に上書きされ週末料金をOFFにした後でもカレンダーに残ります。しかしまた再び週末料金をONにすると、先述のように、後からきた週末料金の方が優先されカスタム料金に上書きされます

保留中の予約や確定済みの予約はゲストが支払い情報を送った後ですので、料金設定変更の影響はおよびません

Airbnb より

 

 

『更なる詳細設定をしてゲスト受入態勢を完璧にしよう!その2』 へ続く

  • facebook
  • twitter
民泊blog

pagetop