Airbnbをホストとして運用してみよう|上級編

Airbnbゲストの受入れをしよう!

welcome

 

 

ゲストの不安を解消して、受入れの準備はお済でしょうか?

 

⇓ まだ不十分な方、確認はこちらからしましょう。⇓

予約確定後のチェックインまでの対応

 

 

さぁ、Airbnbを通じて申し込んできたゲストの受入れをしていきましょう!

 

受入れといっても、一概に対面するとは限りません。

 

  • 対面せずチェックインしてもらう
  • ゲストを迎え入れる

 

他の方法もあると思いますが、ここでは2つを取り上げます。

 

 

対面せずチェックインしてもらう場合

The key to the door

 

こちらがゲストの受入れなのか、と聞かれれば微妙なところではありますが、受入れとします!

 

こちらの利点としましては、大きく分けると以下の2点があります

 

  • ゲストの時間を気にしなくてよい
  • チェックインが柔軟

 

ゲストはほとんどの場合時間通りには来てくれないと、予約確定後のチェックインまでの対応にて説明させていただきました。

 

ゲストと待ち合わせしていて、16時約束にしていたが17時になっても一向に待ち合わせ場所に現れない。

しかも連絡もつかない、こうなると大変です。

 

しかし、対面せずにチェックインが出来るのであればホスト側としては、時間を自由に使うことが出来ます

 

また、ゲスト側としては、面倒なやりとりがないためスムーズにチェックインをすることが出来ますし、待ち合わせに早く行かなくては!といったプレッシャーや罪悪感もなくなりますのでチェックインが柔軟にすることが出来るといったメリットがあります。

 

 

対面せずにチェックインする場合、鍵をどうするかですが、挙げられる候補としては以下のものがあります。

他にも番号式の鍵に変えるというものもありますが、割愛させていただきます。

 

  • メールボックスでの鍵の受け渡し
  • 遠隔操作での鍵の開閉(スマートロック)

 

こちらについて説明していきます。

 

 

■ メールボックスでの鍵の受け渡し

Mailbox Danbo 郵便箱ダンボ

 

最もポピュラーなのがメールボックスに鍵を入れておいて、ゲスト自身でとってもらう形となります

 

こちらがよく使われている手法ですね。

ホストにとってもゲストにとってもとても簡単で、すぐに取り出せます。

 

こちらはお金もかかりませんし、2つ目の紹介で出てくるスマートロックみたいに電池切れといったこともありません。

こちらのデメリットとしては2つです。

 

  • 鍵を紛失してしまう
  • 違う場所に鍵を入れてしまう

 

1つ目の鍵の紛失は鍵を扱うのなら仕方ないデメリットとなります。

鍵を紛失した場合、普通なら鍵交換となりますのでご用心を。

 

2つ目の違う場所に鍵を入れてしまうですが、

普段から賃貸している人が鍵を入れるわけではありません。初めてのしかも異国の人が鍵をメールボックスに返すのですから、部屋番号を勘違いして隣のメールボックスに入れてしまうといったことはあり得ます。

 

これを防ぐには必ず鍵の返し方を前もって教えておくことが大事です

 

  1. メールボックスの番号が間違っていないか確認する
  2. すぐにメールボックスに鍵を入れるのではなく必ず番号を回してから一度空ける
  3. 鍵を入れる
  4. 閉めてダイヤルを回す

 

必ずこのようにやってもらうことを徹底させれば間違う確率は相当低くなるはずです。

チェックイン前にこのやり方が理解できたか確認しましょう。そして、チェックアウト前日にも再度確認しておきましょう。

 

 

■ 遠隔操作での鍵の開閉(スマートロック)

 

03_smartlock

 

現在スマートロックなるものが世間を騒がせています。

 

スマートロックとは、既存の錠をなんらかの手法により電気通信可能な状態とし、スマートフォン等の機器を用いて開閉・管理を行う機器およびシステムの総称のことである。 2015年に多くの製品が国内で出荷開始となり、スマートロック元年と呼ばれることもある。

Wikipedia より

 

 

スマートロックについてはこちらのページでまとめてありますので参照ください。

⇒ Airbnbでも話題のスマートロックについて調べてみた

 

 

メリットとしていくつか挙げます。

いくつかの会社がスマートロックを出していますが、全てに適用するわけではありません

 

  • 閉め忘れ防止機能
  • 鍵を「シェア」できる
  • 開け閉めが比較的楽
  • 「鍵」をなくしても大丈夫

 

デメリットは、スマートロック自体の電池とスマホの電池切れです。

ゲストはスマホをガンガン使うと思いますので、スマートロックを導入する際はゲストに電池切れの注意をしっかりと伝えておかなければなりません。

 

既に販売していますが、改善段階でありますので、もう少し経つと更に良い製品になるでしょう。

オンラインで鍵の管理が出来ますので、セキュリティを上げることが出来ます。こういったものも取り入れるのもいいですね。

 

 

ゲストを迎え入れる場合

YOU`RE WELCOME! 342/365

 

こちらは直接ゲストと対面する場合となります。

 

対面するといってもやり方はいくつかあります。

 

丸々貸し切りの場合は、

  • 最寄駅等で待ち合わせ、直接ゲストに鍵を渡して家まで案内する
  • 直接家まで来ていただき、家で鍵を渡す
  • 知り合いがいる場所に来ていただき、鍵を渡す

 

シェア・個室貸しの場合は、

  • 最寄駅等で待ち合わせて一緒に家まで行く
  • 直接家まで来てもらいお出迎えする

 

どこかで待ち合わせるといった場合は大変です。ゲストはたいてい遅れてきますので、何か仕事をしながら待てたり出来るのならいいですね。

家で鍵を渡したり、お出迎えをする場合も同様です。待ってる時間を有効に使えるのなら楽な方法となります。

 

 

実際に対面する方法のメリットを挙げてみましょう。

 

  • ゲストをこの目で確認出来る
  • 注意事項や部屋の説明などを直接教えることが出来る
  • ゲストとの交流が持てる
  • ゲストの笑顔を見れる

 

ゲストの身分証明書を確認させてもらえば、なお一層安心して受け入れることが出来ます。

そして直接注意事項や部屋の説明を教えることで一番よく伝わりますので、部屋の間違った使い方も極力減らすことが出来ますし、一通りの説明をすれば何かを操作する際の毎回の格闘がなくなるためゲストはとても喜びます。

 

こちらをしているホストこそ本当のホストと言えると思います。

 

これにより、ほとんどのゲストはレビューを最高評価にしてくださいます。実際のおもてなしの効果は抜群です。

 

 

 

時間を割いておもてなしをした分、本当に喜んでくれますのでそれが醍醐味だ!といってやるホストも多くいるのは事実です。

特に都内以外の場所が多いですね。

理想はこれだと誰もが思っていることでしょう。

 

しかし、こちらのやり方はAirbnb(民泊)を行うスタンスによって変わってくると思います

多くの方はAirbnbのホスト業をサイドビジネスとして捉えて行っていますので、そこまで時間を割けないのが実際のところです。

 

最初は直接対面して案内をしていたが、なかなか毎回やっていくのは大変ということでセルフチェックインに変えていく方も多いと聞きます。

 

自分に合ったやり方でいいと思います。

 

無理して行うと嫌になってしまうことにもなりかねませんので、色々と試して自分がしっくりいくものを採用していきましょう。

 


※ 注意

 

今後民泊に関しての法律が決まっていきます。対面で会って本人確認するのが必須になるという案の動きがあります。

今のうちにゲストと対面するやり方をして、練習として行ってみておくのもいいですね。


 

 

滞在中は・・・

 

精一杯のおもてなしをしましょう。

 

一緒に住む場合は積極的にコミュニケーションを取っていきましょう!

 

Airbnbを利用するゲストは現地の方との交流を楽しみにしている方もいらっしゃいます

コミュニケーションを取ってみて、観光案内やランチ、ディナーなど誘ってみてもいいですね。

 

 

また、ゲストは滞在中質問したいことが出てくる可能性があります。

ゲストと一緒に滞在していないのであれば、時々気にかけて連絡をしたりすることも大事です。

 

忙しいかもしれませんが、滞在中の質問は出来るだけすぐに答えてあげましょう

今すぐ知りたい質問が多いですので。

 

 

質問が来るまで放置しておかず、しっかりとケアをしていくことが高評価に繋がっていきます

楽しみながらおもてなししましょう。

 

 

 

今回はここまでです。

次はチェックアウト後の対応について に進みましょう

 

 

何か質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい。

  • facebook
  • twitter
民泊blog

pagetop